サイゾーpremium  > 連載  > 稲田豊史の「オトメゴコロ乱読修行」  > オトメゴコロ乱読修行【39】/【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向

――サブカルを中心に社会問題までを幅広く分析するライター・稲田豊史が、映画、小説、マンガ、アニメなどフィクションをテキストに、超絶難解な乙女心を分析。

山口達也メンバーに贈りたいロリコン男性の夢を打ち砕くマンガ『恋は雨上がりのように』の画像1

 御年46歳のTOKIO・山口メンバーが10代の女子高生に強制わいせつ容疑で書類送検、というショッキングなニュースが報じられたのが、この4月。その衝撃も冷めやらぬ翌5月に公開された映画『恋は雨上がりのように(恋雨)』(出演:小松菜奈、大泉洋)が“45歳のオジサンと17歳の女子高生のラブストーリー”だったのは、ジャストタイミングすぎて神がかっていた。今回はその原作をテキストに、日本社会特有のロリコン許容文化、および年の差カップル問題を一考したい。

 物語は「17歳の女子高生・橘あきらが、元小説家志望で45歳バツイチ子持ちのファミレス店長・近藤正己に惚れ、近藤はまんざらでもない」という、童貞ラノベ作家が編集者に提出したら一発でボツを食らうような夢設定をベースに進む。

 あきらが近藤に惚れた理由は、有望なアスリートだった彼女が怪我によって陸上をあきらめざるを得なくなり、失意のなか雨宿りで立ち寄ったファミレスで近藤が優しくしてくれたから。……「ハァ?」という冷静な突っ込みが読者からあるかと思いきや、この連載はむしろ瞬く間に人気を博し、特に男性読者からは「近藤とあきらが結ばれてほしい」といった、テメーの願望そのまんまな声が寄せられたという。そんな彼らの期待に応えるように、あきらは近藤に告白し、近藤の脱いだYシャツの臭いを嗅ぎ、近藤と同じオヤジヘアトニックの香りを身にまとい悦に入ったりする。

 欧米の先進国で「45歳の男と17歳の少女の恋愛ドラマが……」などと口にすれば、芸術映画の文脈でもなぞっていない限り、多くの良識ある知識人はきっと眉をひそめるだろう。いい大人の男が未成年の少女に対して父性・保護欲以外の恋愛感情やそれに近い萌えを抱くことは、欧米諸国ではほとんど“有罪”。ご近所から白い目で見られる。

 一方、『源氏物語』を生んだ我が国において、少女愛好はそこまでの大罪とならない。同作のメインヒロイン・紫の上は初登場時10歳程度で、見初めた光源氏は18歳程度。大学1年生の男が小4の女子に一目惚れ。香ばしいことこの上ないが、これを「世界最古の長編小説における文学的な美」と力業で言い切るのがこの国の伝統的リテラシーだ。まあ10歳は行きすぎにしても、成熟した女性のセクシーとは真逆とも言える幼稚・未成熟要素を孕んだティーンエイジャー少女の「Kawaii」をクールジャパンと称して誇らしげに国際輸出するようなお国柄だけに、そのロリコン審美眼の本質は1000年以上変わっていないとも言えよう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』