サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 荒木経惟#MeToo騒動の論点【5】/【田中東子】フェミニズムとアラーキー

――エロティックな女性ヌードなどで知られ、世界的な評価も高い写真家・荒木経惟。長年、彼のモデルを務めてきたKaoRiさんによる告発が、「#MeToo」のひとつとして世間をざわつかせた。ただ、この騒動をめぐる議論は錯綜している。そこで、本当に語るべき論点を整理し、問題の本質に迫りたい。

田中東子(社会学者)

たなか・とうこ 1972年生まれ。大妻女子大学文学部准教授。専攻はメディア文化論、カルチュラル・スタディーズ、ジェンダー・スタディーズ。著書に『メディア文化とジェンダーの政治学―第三波フェミニズムの視点から』(世界思想社)がある。


1806_06-1_520.jpg
『Araki: Love and Death』(Silvana)には水原希子のカットも収録。

 ポルノグラフィは、フェミニズムの大きなアジェンダのひとつです。日本では80~90年代に、ポルノグラフィに批判的なキャサリン・マッキノンやアンドレア・ドウォーキンなどラディカル・フェミニズムの議論が広まりました。女性のセクシュアリティとその身体を搾取するポルノグラフィは、たとえ世間から“アート”とみなされていてもすべて悪であり、人権蹂躙だと多くのフェミニストが主張してきました。

 それに対して、女性だってセクシュアルな欲望を抱いてポルノグラフィを消費しているし、自ら主体的にセックス産業に従事する女性もいる以上、女性すべてが性的な活動やポルノグラフィにかんして主体性のない被支配的な存在であるわけではないと主張する人もいて、どちらが正しいのか決着はついていません。

 ちょうど反ポルノグラフィの議論が日本に持ち込まれた時期に荒木さんは売れっ子になりましたが、彼が撮るヌード写真は女性の人権や発言を奪った上で成立していたのだと、先日、告発されました。その背景にあるのはインターネットの言論空間。当時は何も言えなかった女性が、ネット時代に声を上げ、それを広く伝えられるようになりました。アメリカで始まった「#MeToo」運動の事例を見ればわかるように、同国の映画産業でのハラスメントの告発運動と日本での出来事に、SNSが時間的にも空間的にも連続性を生み出しているように感じられます。ネットが普及する前の時代、フェミニズムの思想は海外留学できるエリート女性が学習し、持ち帰ることで日本にも広まり支持を得ましたが、欧米の最初の運動から日本に伝わるまでにかなりの時差があったんです。でも今は、タイムラグがあまりない。しかも、それは一部のエリートや社会の中で困窮する女性だけの行為ではなくなり、働く女性が会社で感じている不満などを手軽に発信できるようになった。そうして声を上げやすくなった時代の空気の中で、KaoRiさんも荒木さんを告発したところがあるでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』