サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【日経新聞】ゴリ押しの「イブニングニュース」と企業広報“怒りと困惑”
ニュース
ヒラメ上司に即辞職の若手……メディア業界嘆き節

日経新聞ゴリ押しの「イブニングニュース」と企業広報“怒りと困惑”

+お気に入りに追加

新聞記者が語る疲弊するメディア

朝日新聞が放ったスクープにより、国税庁長官の辞任にまで追い詰められた安倍政権。しかし追い詰められているのは、報じる側のマスコミ業界も同じではなかろうか。日本経済新聞のネット重視戦略とそれに振り回される現場記者たちの嘆き節ほか、疲弊するメディア業界のウラ側を、現役記者たちが涙ながらに語り倒す渾身の2500字!


1804_nikkei_200.jpg
『日経キーワード 2018-2019』(日経HR; 2018-2019年度版)

A:全国紙社会部若手記者
B:全国紙政治部デスク
C:経済誌中堅記者
D:全国紙経済部中堅記者

A 安倍首相の一強状態が続くと思われてた国政ですが、森友学園問題が一気に火を噴いて、政権の先行きにイエローランプがともりましたね。

B 潮目を変えたのは朝日のスクープ【1】だ。3月2日付朝刊1面トップで「森友文書 書き換えの疑い」とすっぱ抜いた。財務省側が交渉経緯を問題発覚後にうやむやにしようとしていた疑惑を報じたもので、これで「やっぱり怪しい」というムードが国会にも広がり、追及の勢いが一気に増したな。

C 朝日新聞側は社運を懸けて攻勢をかけていますね。朝日は2014年に「吉田調書」「従軍慰安婦報道」で相次いで誤りを認めたことで、今でいう「フェイクニュースメディア」の烙印を押されて苦しい立場にありましたから。

D でも、会社がちゃんとスクープを後押ししてくれてるんなら、それはいいことだよ。うちの社では最近、スクープ記事が「わりに合わない」と感じることが本当に増えた。「スクープが誤報だったらリスクが高い。おれのクビが飛ぶから書くのは止めろ」なんて本気でほざくようなヒラメ上司が多くて困るよ。そんなムードが若手記者にまで染みついているから、最近は経済部でも官庁の「民ペ」とか「紙」【2】を狙いにいく若手記者も減っている。おれはもう、前時代の遺物なのかなあ……。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』