サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > つんく♂退任が発端?モー娘。&ハロプロの醜聞が相次ぐワケ
ニュース
騒動の裏に確執あり?

つんく♂退任が発端?モー娘。&ハロプロの醜聞が相次ぐワケ

+お気に入りに追加

つんく♂退任はむしろ好転……?

14年10月、ハロプロの総合プロデューサーから退いたつんく♂。音楽業界からは、「小室哲哉の全面プロデュースから卒業した安室奈美恵のようだ」という意見も。固定のプロデューサーで曲を作り続けるのは、一定の安定感がある一方で、新規ファンを獲得するのは難しいといわれている。


1802_tsunku_200.jpg
「だから、生きる。」(新潮社)

 モーニング娘。が所属する「ハロー!プロジェクト」(以下、ハロプロ)に関する暗いニュースが相次いだ17年。5人組アイドルグループ・℃-uteの解散、8人組のこぶしファクトリーという新人アイドルグループでは、メンバーの男性との2ショット流出スキャンダルが発覚し、1年間で3人が脱退した。そうした騒動の裏には、「つんく♂がハロプロの総合プロデュースを退いたからでは?」という見方が浮上している。

 詳細は後述するが、つんく♂は14年3月に喉頭がんに罹患していることを公表。同年10月には、ハロプロの総合プロデュースから退いていたことを、著書『「だから、生きる。」』(15年/新潮社)の中で告白している。その退任を促したのが、ハロプロを擁すアップフロントグループの会長、山﨑直樹氏である(同氏は滅多に表舞台に出てくることがないため、ジャニーズのジャニー喜多川氏やバーニングの周防郁雄氏ほどの知名度はないが、業界では“金にうるさいヤリ手”【1】として知られている)

 実はこの動きは、ウェブメディア〈リテラ〉に掲載された記事「ハロコンからつんく♂楽曲が激減!」によって注目され、ファンはもちろん、音楽業界でも波紋を呼んだ。そこで見えてきたのが、つんく♂と山﨑会長の確執だ。記事を要約すると、昨年1月に開催されたハロプロメンバー総出演のコンサート(通称「ハロコン」)のセットリストから、つんく♂の手がけた曲が激減。その原因が、つんく♂が代表取締役を務めるアップフロントの関連企業「TNX株式会社」の音楽制作以外の業務(飲食業や化粧品販売等)による赤字経営を山﨑氏が問題視したことだという。その結果、つんく♂を総合プロデューサーから外し、ハロコンからも関連曲を減らすことで、「切り捨て」が本格化したというものだ。

 果たして、先述の暗いニュースは、つんく♂が総合プロデュースから退任したことと因果関係があるのだろうか? ハロプロ関連に詳しいレコード会社勤務A氏が語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』