サイゾーpremium  > 特集  > IT  > テレビCM並に台頭するウェブCMの現在地【1】/【ウェブCM】出演芸能人のお値段
第1特集
テレビCM並に台頭するウェブCMの現在地【1】

吉田羊にエンケン、山田孝之が引っ張りだこ!炎上狙いエロCM動画は終わった――ウェブCM出演芸能人のお値段

+お気に入りに追加

――ネット広告の価値が上昇しつつある昨今。CMもウェブ動画の需要が高まり、その数は飛躍的に増えてきた。ギャラが高額なテレビCMにも出演しているような豪華なタレントも出始めているなど、ウェブCMを取り巻く環境は急速に変化し、今まさに転換期を迎えている。

吉田羊にエンケン、山田孝之が引っ張りだこ!炎上狙いエロCM動画は終わった――ウェブCM出演芸能人のお値段の画像1
インパクトのあるキャラクターでCMに引っ張りだこの松岡修造。ただし、最近では紹介する商品に目が行かず、どのCMを見ても暑苦しい松岡修造しか記憶に残らない……。

 広告の花形といえばテレビCM、それは現在のところも変わらない。視聴率の低下が騒がれているとはいえ、一度に数千万という人が見る巨大メディアは特に日本においてはいまだに価値が高い。とはいえ、近い将来、ネット広告がそのポジションを奪うこともまた、目に見えている状況だ。

「徐々にテレビCMが見てもらえなくなってきましたから、ウェブ動画CMも使っていかざるを得ない状況ですよね。1年前、2年前と比べたら制作費やクライアントからの需要もかなり高まっています。スマホが高齢層にまで浸透して、動画に限らずネット広告を目にする機会もどんどん増えてきている。制作側もウェブCMに合わせた動画の制作手法を研究し尽くしてきているので、今後、話題になる動画はさらに増えていくことになると思います」(広告代理店プランナー)

 ウェブCMの大きなメリットといえば、コストパフォーマンスの良さだ。話題になる動画でも数百万再生程度なので、テレビと比べれば視聴数に雲泥の差はあれど、テレビCMが1人のタレントに1クールで数千万円というギャラを支払うのに対して、ウェブCMでは制作費すべてで数百万円ほどという世界。そこから出演料も捻出しなければいけないが、そんな環境の中でも、スマホジャックで話題となった女性ヒップホップユニットlyrical school の『RUN and RUN』のミュージックビデオや、C.C.Lemonの『忍者女子高生』のウェブCMなど、無名な出演者を使って、数百万回を越える再生回数を叩き出す“バズ動画”も生まれてきた。

 こうしてバズれば、費用対効果の面からいえば決して悪くはない。番組を視聴する延長線上でなんとなく目にするテレビCMと違い、能動的に見てもらう必要があるウェブの特性もあって、ここ数年のウェブCMブームの中で広告制作者たちは“バズらせる”をキーワードに趣向を凝らした企画でしのぎを削ってきた。

「例えば“侍”だとか“女子高生”だとか、バズるために入れ込む要素がかなり分析されてきていて、それらをいかに組み合わせるかでいろんな動画がつくられています」(広告制作会社ディレクター)

 芸能事務所も、抱えている新人タレントへの発注が近年急増し、その潮流を感じているという。

「ウェブCMは、基本的にオーディションの募集が回ってくるんですよ。代理店から、ギャラと内容を記した絵コンテが届いて、そのイメージに合う子が求められる。ギャラは、よくて1人10万円くらい。出演人数が多いと1人5万円、見切れ役だと1~2万円とかですね。オーディションが翌週にあって、その次の週に撮影といったタイトなスケジュールも多かったりしますが、競合指定(同様の商品のCMには、出てはいけない契約のこと)がなくて、契約期間が短いことがほとんどなので、給料が少ない無名の若手は積極的に出しますね」(芸能事務所関係者)

 このように、ウェブCMを取り巻く環境は、日々成長してきているのだ。

炎上狙いの動画も出現!バズ動画ブームは終焉へ

 しかし、ここ最近、そんなバズ動画ブームに陰りが見え始めているという。

「これまでは、少ない制作費とギャラが極端に安い誰も知らないような出演者で話題をつくる、コスパのいい広告が求められてきましたが、制作数が激増したこともあって、実際に蓋を開けてみたら数千~数万回しか見られていない……といった動画も多くなってきました。

 世間もあからさまなバズ狙いの動画に疲れてきていますし、2015年くらいがバズ動画ブームのピークだったと思います。最近では、YouTubeなどで動画を見る際に、強制的に視聴させられたり、SNSのタイムラインに埋め込まれるウェブCMもありますからね。あえてバズらせなくても見てもらえる環境が整ってきたともいえます」(前出・広告代理店プランナー)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』