サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > ネットとともに進化するエロのシノギ/【無料アダルトサイト】の20年史

――ヤフーが日本でサービスを開始する前からアダルトサイトは存在し、20数年たった今では「エロ」と検索すれば無数のまとめサイトがヒットする。それだけ長い歴史があれば視聴方法から、サイトのあり方は大きく変わってきただろう。では、20年でどのような変化があったのか?

1708_pornhub_230.jpg
3年前にはニューヨークの名所であるタイムズスクエアに、大々的な看板広告を打ち出していたPornhub。

 インターネットの普及に伴い我々の生活にはさまざまな変化が起きたが、とどのつまり男性読者諸氏にとって、インターネットに必要不可欠なのはアダルトサイトだという人も少なくないのではないか? メールやSNSが使用できなくなることよりも、お気に入りのエロ動画が見られなくなってしまったほうが問題だと思う人もいるかもしれない。

 そんなアダルトサイトの20年に及ぶ歴史を見てみると、初期の「裏画像・サンプル動画期」、違法アップロードが横行した「P2P全盛期」、海外経由で日本のAVを視聴する「ブラウザ再生期」、そして現在の「まとめサイト集合期」と、4つの時期に分けられる。このような変遷の裏には一体、何があったのだろうか? 本企画では、アダルトサイトのこれまでの歴史をたどりながら、どのようにしてインターネット上で無視することのできない産業となっていったのかを考察してみたい。

ネット黎明期の稼ぎは月に5万円?

 そもそも、アダルトサイトが登場したのはいつ頃からだろうか? インターネットの歴史に詳しいライターのばるぼら氏はこう語る。

「日本初のアダルトサイトは1995年の『東京トップレス』。これは風俗レポや風俗嬢の巨乳写真などを紹介するサイトで、90年代時点で1日100万アクセスという驚異的人気でした」

 1日に1000人の訪問者が来れば人気サイトと呼ばれる中で、100万アクセスとはまさにお化けサイト。ただ、当時はAVもエロ本も盛んだったはずだが、人々は何を求めてアダルトサイトにアクセスしていたのだろうか?

「当時の主流は画像です。ただし、まだ検索エンジンの能力が低かったため効率よく探すために、画像サイトを紹介するリンク集が登場したり、掲示板でサイトの情報を共有していました。動画も一部にはありましたが、回線が遅く通信費もかかるのでメインではなかったですね」

 90年代はインターネット利用者も少なく、通信費も従量制。どちらかというとアンダーグラウンド文化で、そんな状況下では、やはりサイトの運営は金にはならなかったようだ。

「サイトでの広告収入は毎月5万円程度だったそうですから、多くの管理人は本職が別にありましたね」(同)

 当時の運営者はビジネスとして稼ぐことが目的ではなく、数少ないユーザーとやり取りをして承認欲求のようなものを満たせればよかった。しかし、エロコンテンツを扱うにはリスクが伴うようになり、その過程で今の「まとめサイト」につながる形態が生まれることになる。

「90年代後半、日本のアダルトサイト界隈では大きな出来事が2つありました。そのひとつが、96年に海外の無修正画像サイトの直リンクを自身のサイトに貼った者が書類送検された事件。そして99年に風営法が改正されてからは、アダルトサイトもその管理下に置かれるようになり、自分でサイトを運営したり、エロ画像・動画をアップロードするのが困難になります。この流れの中で2000年に登場したのが『動画ファイルナビゲーター』です。主に国内外のエロ動画サイトのリンクを紹介するサイトで、騙しリンクだらけだった時代に『リンク先のここを探せば動画ファイルがあるよ』と解説する優しさが初心者ユーザーに支持され、人気を博しました」(同)

 自身でアダルトサイトを運営する場合、警察に届け出をしなければならないが、一方で“リンクを貼る”というのは引用の一種であり、うまく責任を回避することができる。つまり、アダルトサイト特有のリンクを貼るという行為は、逮捕を避けるために生み出された産物なのだ。

 さらに時を同じくして、ネットに商機を見出した海外サーバー経由の無修正動画サイトの『カリビアンコム』や、風営法届出済の『DMM』などのコンテンツホルダーが、新規契約者を得るために無料でサンプル画像・動画を公開するようになる。

 かくして、ネット上にはエロコンテンツがあふれるようになり、現在のアダルトサイトの下地が作られたのが「裏画像・サンプル動画期」だったが、数分しか見られないサンプル動画に満足できない男たちは次第に違法行為に手を染めるようになり、新たなフェーズ「P2P全盛期」に突入する。

 00年代初頭に現われた「ファイル共有ソフト」は不特定多数のユーザー間での動画交換を可能にし、アダルトサイトに大きな影響を与えた。かつて、こうしたP2Pを使い、違法ダウンロードしたAVを現実で売り物にして、荒稼ぎしていたA氏はこう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』