サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【箱根駅伝】ルール改悪の裏側
ニュース
正月の風物詩には棄権がいっぱい!?

途中棄権者急増! 【箱根駅伝】ルール改悪と学連VS警察の攻防戦

+お気に入りに追加

正月の風物詩には棄権がいっぱい!?

正月の風物詩ともいえる箱根駅伝。関東圏の大学のみが出場するこの競技会だが、全国放送され視聴率も高い。一方で、数年前から途中棄権者の数が増加傾向にあり、競技者側からはルールの見直しが求められているが……。

1702_ns02s.jpg
『第93回箱根駅伝速報号 2017年 02月号』(ベースボールマガジン社)

 第93回となる箱根駅伝が今年も開催され、第92回大会の上位10校(シード校)と、2016年10月に行われた予選会の上位10校に加え、関東学生連合選抜チームを合わせた全21チームが参加した。総合優勝を果たした青山学院大は同校史上初、全体では6校目となる3連覇を成し遂げている。独占放送権を持っている日本テレビの中継では、関東地区の平均視聴率で往路27・2%、復路28・4%、瞬間最高視聴率では往路・復路共に30%を超えるなど、テレビ離れが進む昨今にあって、それでも正月の風物詩としての存在感は、健在なようだ。

 一方で、今年はいくつか運営上のトラブルが起こり、一部で問題となっていることをご存じだろうか?

 例えば3日の復路、ゴール地点の手前にある日比谷交差点(東京・千代田区)で、交通規制が適切に行われず、神奈川大学の選手が車にはねられそうになっていたのだ。各紙の報道によれば、現場の交通規制を担当している警視庁は、「原因は担当者間の連携ミスである」とし、「再発防止に努める」とのコメントを発表。箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟も「これまでの大会でこのようなことはなかった」と、憤りをあらわにしているようだ。もちろん、競技中に選手が交通事故にでも遭おうものなら、来年以降の開催も危ぶまれる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』