サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 【ED治療薬】の新勢力と落とし穴
第1特集
夜の性活に悩む諸氏は必読!

ジェネリック、副作用、ニセモノ……バイアグラはお役御免!? ED治療薬の新勢力と落とし穴

+お気に入りに追加

――日本では1999年に販売が始まり、いろいろと話題になったバイアグラ。あれから15年後の2014年に国内での成分特許が切れると、他社のジェネリックが続々と登場し、製造元のファイザーは苦境に立たされているように見える──。ED治療薬の効果や危険性を改めて整理しつつ、そのマーケットの最新状況に迫っていきたい。

1611_ed02_230.jpg
編集Nが必要に応じて個人輸入代行業者によるネット薬局で購入するのは、インドのアジャンタ・ファーマ社が製造する「カマグラゴールド」。日本ではコピー版バイアグラという位置づけだが、実質的にはジェネリックバイアグラ。

 バイアグラ──それは男の性的苦悩を解決する世界初の「夢の治療薬」。米ファイザー社が1998年に、日本ではファイザー製薬(現・ファイザー)が翌年から販売を開始、いわゆるインポテンツ(性的不能)にED(Erectile Dysfunction/勃起不全)という症状名を与え、夜の営みをあきらめていた男たちに「治療すれば回復するのか!」という希望を広めた。その反面、服用して性行為に臨んだ老人が心臓発作を起こして死亡したり、ブームに便乗して有象無象のニセモノが流通したりと、社会現象となったことを記憶している読者も多いだろう。

 しかし、現在ではあの頃のようにバイアグラが取り沙汰されることはなくなってしまった。というのも、バイアグラの登場から何年かたつと、後述するレビトラやシアリスという新たなED治療薬が開発・販売されるようになり、ED治療薬市場はファイザーの独占状態ではなくなったのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載