サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 人気絶頂のイケメン俳優・山﨑賢人のおバカぶり
1607_yamazaki.jpg

 11日スタートのフジテレビ月9ドラマ『好きな人がいること』の記者会見が4日、都内で行われ、ヒロインの桐谷美玲、イケメン3兄弟を演じる三浦翔平、野村周平、山﨑賢人が出席した。

 会見の模様を報じた各メディアによると、司会者から「普段はクールな方ですか?」と質問された山﨑は、「普段は“おっべっらげ”」となかなか聞きなれないワードを口にしながら狼狽。それを見た三浦が、「たぶん想定してない質問が飛んできたから」と助け舟。野村は山﨑をフォローするように司会者に対し、「何やってんすか? 質問案以外の質問はしないと言ったじゃないですか!」とわざとブチギレて笑いをさそった。山﨑は、「レールから外れちゃって運転できない」とはにかんだという。

「まるで山﨑が天然のように書いている記事が多いが、ガチで質問の意味が理解できず、どう答えていいのか分からなかっただけだと思われる。いまや主演映画のオファーが山ほど舞い込み、舞台あいさつを数多くこなしている山﨑だが、もともと、ボキャブラリーがなく、一向にコメント力が上がらない。殺人的なスケジュールのせいもあってか、演技やそのほかについて勉強したり、誰かにアドバイスを受ける時間がまったくない。つまり、この世界で生きていくうえで身につけなければならない芸の“貯金”がない状態で、役者としての将来はかなり不安だと思われる」(映画業界関係者)

 今年3月には、NHKの朝ドラ『まれ』、映画『orange』で共演した女優の土屋大鳳との“焼き肉デート”が「週刊文春」(文芸春秋)で報じられた。同学年の2人だけに、かなりお似合いのカップルにも見えたが……。

「撮影現場では、まるで土屋が姉のような雰囲気で、山﨑が機嫌を損ねると、物分かりの悪い弟をあやすようになだめるのが上手で、そのおかげで撮影が円滑に進んだ。山﨑は完全におバカキャラだった。おまけに、土屋は体育会系女子でほとんど恋愛経験がなく、演技の“延長”で山﨑にベタ惚れ。とはいえ、最近、互いに多忙で会う時間すらないようだ。土屋があれこれ“指導”すれば山﨑も役者として伸びそうだが」(2人の共演作の現場スタッフ)

 視聴率の苦戦が続く「月9」枠だが、果たして、山﨑は演技で視聴者にインパクトを与えることができるのだろうか。 

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ