サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 【個室ビデオ】産業の裏側
第1特集
心置きなくヌケる個室ビデオ店のヒミツ【1】

飛び散った精液も拭き取るブラックな労働環境…風営法のグレーゾーンで営業! “個室ビデオ”産業のウラ側

+お気に入りに追加

――金太郎、花太郎、宝島24。AVを気兼ねなく快適に鑑賞できることから、自宅ではオナニーがしづらい所帯持ちサラリーマンの“救済の場”として機能している個室ビデオ。これまでユーザー目線で店内の様子をレポートするメディアはあったが、ここではその産業の実態やビジネスモデルの問題点に迫ってみたい。

P066-069_video01.jpg
首都圏の個室ビデオ市場を寡占している、〈金太郎・花太郎〉と〈宝島24〉のホームページ。

 “個室ビデオ”とは、事実上、個室にこもってアダルトDVDを鑑賞し、自慰行為に耽るために利用されているレンタルルームである。新宿や渋谷などの繁華街を歩けば「DVD鑑賞」「個室鑑賞」などと大書きされた看板がそこかしこに見られるが、その景観は実にいかがわしい。

 また、新聞やテレビでは、2008年に大阪市内の個室ビデオで起きた放火事件で16人もの死者が出たことや、12年に地下鉄サリン事件などの実行犯として逮捕されたオウム真理教の高橋克也が「逃走中は3カ所の個室ビデオ店を使っていた」と供述していたことが報道されるなど、ネガティブなイメージもつきまとう。

 他方で、近年は週刊誌やネット記事などで「意外と清潔で快適」「サラリーマンのオアシス」「24時間営業だから終電を逃したときに便利」といったメリットが紹介され、マンガ喫茶やネットカフェの代替スペースとしても認知されつつある。

 しかし、そのようなユーザー目線の評価は見聞きするものの、アダルト産業の一形態として個室ビデオがどのように位置づけられているのかはあまり語られない。そこで本稿では、個室ビデオにDVDを卸しているAVメーカーなどの話を元にその実態に迫りたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』