サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 表現規制でグーグルが【射精管理】!?
第1特集
グーグル様はエッチがお嫌い?【2】

萌えよドラゴン! 表現規制でグーグルが射精管理? 人間のエロ画像でヌけなくなる未来

+お気に入りに追加

――人の性的嗜好は千差万別だが、広大なインターネットを見ていると「本当にこれで興奮できるのか?」と思わされるエキセントリックなジャンルを目にすることがある。それらが成立した背景から、ネットとエロの今後について分析する。

1607P048-051_dragon.jpg
車体とほとんど変わらない大きさのイチモツに貫かれ、なすすべなく陵辱されるステーションワゴン。傍らにある「駐車禁止」の看板がシュール。

「巨大なドラゴンと乗用車の激しいセックス」を想像しろと言われたら、たいていの人は混乱するのではないだろうか。ドラゴン、クルマ、セックス。一般的な感覚からすれば、点と点がまったく線にならない。しかし、「ドラゴンカーセックス」と呼ばれるジャンルは、性的嗜好として存在するのだ。

 インターネットで画像を検索してみると、不穏なサムネイルが所狭しと表示される。その中から1枚のイラストを開くと、ゲームに出てきそうな屈強なドラゴンが乗用車をバックから犯していた。正気の沙汰とは思えない。

 このドラゴンカーセックスが日本のネット上を騒がせたのは2014年。「海外で成人向け作品の表現規制が厳しくなりすぎた結果、オタクたちは“車をレイプするドラゴン”でしか抜くことができなくなった」というツイッターへの書き込みがきっかけだった。添付されていたイラストが「理解不能」「人類には早すぎる」などと反響を呼び、やがて「やらおん!」をはじめとする有名まとめサイトが取り上げたことにより、広く拡散された。しかし、インターネット上の特殊性癖に詳しい同人作家は、この一連の動きが「大きな誤解を生んだ」と指摘する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』