サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > テレ朝『スペシャリスト』の舞台裏に見た草なぎ剛の不可解な行動
160301specialist.jpg
『スペシャリスト』HPより

 1月クールのドラマが軒並み低視聴率に苦しむ中、安定した数字を記録しているのがテレビ朝日『スペシャリスト』。SMAP解散騒動の渦中とあって、草なぎ剛の演技に注目が集まっていたが、その健闘ぶりに関係者はホッと胸を撫で下ろしているようだ。もっとも現場ではクランクイン直後から波乱の連続で、スタッフは疲弊しきっているという。

「実は12月の中旬以降、一時飯島マネージャーと連絡が取れなくなり現場は大混乱。そのせいでスケジュールが大幅に遅れてしまいました。飯島さんは脚本や内容にまで口を出すことで有名ですが、今回も『ちょっとイメージが違う』と直前になって、主要な役どころの俳優さんを変えてしまうということがありました。ドラマ細部にまでお伺いを立てなければいけないのに、本人は音信不通。後に独立騒動になり合点がいきましたが正直参りました。視聴率が良いので救われましたけど」(ドラマ関係者)

 解散騒動で心労もピークに達していたのか、現場でも草なぎの不可解な行動が目に付いたという。

「演技をしている時は特に変わった様子はありませんが、1人になると、まるで誰も寄せ付けないかのように、ずっとギターを弾いていました。騒動のこともあったので周囲も声をかけづらく腫れ物を扱うかのようです。現場マネージャーが時折ペリエのビンを持ってきて飲み物を差し出すくらいで、ほかに誰も近づけず。常に何か考え込んでいるようで疲れきっているようでした」(同前)

 草なぎの演技に注目すれば、また違った楽しみ方ができるかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』