サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 暗躍する【イラン人プッシャー】

――宗教と直結する話ではないが、日本に住むイラン人と聞いて、ついドラッグの密売人を連想してしまう読者もいるだろう。だが、この10年でイラン人と薬物をめぐる状況は大きく変化したという――。

1603_drug_03.jpg

 2015年12月、20代のイラン人男性が名古屋市内の市道を自動車で走行中、外国人とみられる複数の男から集団暴行を受けて死亡した。その現場近くからは注射器数十本が見つかり、ドラッグの密売をめぐるトラブルの可能性もあると報じられたが、襲撃グループはいまだ逃走している。そのため、事件の真相は明らかになっていないものの、誤解を恐れずに言えば、確かに売人は日本で暮らすイラン人のイメージのひとつになっているかもしれない――。そこで、本稿では、数々の薬物事犯を担当してきた弁護士の小森榮氏に話を聞きながら、イラン出身のドラッグ密売人について掘り下げていきたい。

 そもそも、彼らはいつ頃から日本のドラッグ市場に姿を現したのだろうか?

「イラン人が日本でドラッグの密売を始めたのは、バブルが崩壊した90年代初頭といわれています。それまで出稼ぎで日本に来ていたイラン人労働者の多くが景気後退によって仕事を失い、一部がアングラに潜り始めたのです。そして、ポケベル・ブームに合わせた偽造テレホンカードや、各種の薬物を密売するようになりました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』