サイゾーpremium  > 特集2  > 【芸能プロ女性スタッフ】座談会

――さて、今回の騒動を実際に芸能の現場にいるマネージャーたちはどう見ていたのだろうか? マネージャーという職業に就く方々に集まってもらい、芸能界の裏方として、そして女性の生き方として今回の騒動についての意見を聞いた。

1603_smap_07.jpg
かなり事務所寄りに報道されたが、違和感を覚えたスタッフが多かった様子。

A:40代・大手芸能事務所
B:30代・中堅芸能事務所
C:30代・音楽系プロダクション

――今回の騒動は、SMAPの飯島三智マネージャーの独立が発端になりました。そこでここでは、女性に限定して芸能マネージャーさんにお集まりいただき、芸能マネージャーから、そして女性という立場から今回の騒動をどう見ていたかをうかがいたいと思います。まず、みなさんは今回の騒動をいつぐらいに知りましたか?

A ちょうど1年前ですね。2015年1月の「週刊文春」(1月29日号)が、メリー喜多川副社長のインタビューを掲載した頃で、そのときは飯島三智マネージャーだけが退社するという話でしたが。

B 私が聞いたのは昨年の夏頃で、飯島マネージャーについていく形でSMAPも田辺エージェンシーかケイダッシュかに円満移籍するのではないか、という噂になっていましたね。あくまでも25周年のドル箱のコンサートツアーが終わったあとだと思っていましたけど。

C うちもその頃です。音楽系アーティストを抱えているので、ジャニーズ事務所にお家騒動があるとジャニーズ事務所の息のかかる『ミュージックステーション』(テレビ朝日)への出演枠にどう影響するかなど、関心事が多いんです。『SMAP×SMAP』(フジテレビ)へのプロモーション出演も数カ月単位で打ち合わせしているだけに、いざ、お家騒動となったときに巻き込まれないように早くからマーケティング担当者がリサーチを入れていました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ