サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 著名アーティストがクラウドファンディング...
ニュース
注目を集めるには炎上で資金調達?

著名アーティストがクラウドファンディングでやるやる詐欺を助長?

+お気に入りに追加

注目を集めるには炎上で資金調達?

数十億単位の資金が集まることもあれば、誰からも見向きもされずひっそりと終わるプロジェクトもあるのがクラウドファンディング。そのシステムを用い、結婚するまでのエピソードを掲載し、見ず知らずの人たちから”ご祝儀”を支援してもらう「ブーケ・ミー」なるサイトも登場したが、昨年末に短期間でサービス終了となった。

1504_NS_05.jpg
アメリカのR&Bシーンを代表するグループ、TLCはクラウドファンディングでラストアルバム制作の資金を調達。

 すでに国内でも大小多くの成功例が出始め、じわじわと浸透してきているクラウドファンディング。インターネットを通じて、企画者が掲げたプロジェクトに不特定多数の人々が資金援助をするこのシステムは、これまで個人や小規模なグループで活動するクリエイター、また地域復興など、さまざまなケースで活かされてきた。

 クラウドファンディングのサービスを担うプラットフォームとして、海外では最大手の「キックスターター」【1】をはじめ、その対抗馬といわれる「ロケットハブ」、国内では「キャンプファイヤー」や「レディーフォー」、サイバーエージェントが仕掛ける「マクアケ」などが代表的なサイトとして知られている。

 昨年、キックスターター史上最高支援額を更新した「COOLEST COOLER」なる、アウトドア用多機能クーラーボックスの開発プロジェクトが話題となった。大容量のクーラーボックスにLEDライトや充電用USBポート、Bluetoothスピーカーに栓抜きまで、あらゆる機能を搭載したこのクーラーボックスには約6万人強の支援者が集まり、目標達成金額の5万ドルを遙かに上回る約1168万ドル(約14億円)の資金を調達したことは、人々のクラウドファンディングへの関心をさらに高めることにもなった。

MEMO『クラウドファンディング』
企業やアーティスト、一般人がプロジェクトを立ち上げ、インターネットを介して賛同者から支援金を募るシステム。海外ではポピュラーなシステムとして知られている。

 一方、音楽業界に目を向けてみると、つい先日、アメリカのR&BグループのTLCがラストアルバムの制作費を、同じくキックスターターで募り、目標金額の約3倍となる約5000万円の支援金を調達。日本のTLCファンたちもサポーターとして制作費の支援に参加したようだ。

 そのほかにも、「オリジナルのオペラを作りたい」「ポテトサラダ作ります」など、誰も見向きもしないようなプロジェクトも、すんなりと目標金額を獲得し、成功例として挙がっている。目標達成金額に差はあれど、実用的なもののみならず、ネットを中心に注目を集めた企画は、支援金を得て、そのプロジェクトを遂行させている(日本から海外に向けたプロジェクトとしては、「マンガや同人ゲームの翻訳プロジェクト」などが成功例として紹介されることが多い)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』