サイゾーpremium  > インタビュー  > 【加藤 ミリヤ】――活動10周年を迎えた音楽界の女神が見つめる未来
インタビュー
アナログからデジタルへ……音楽業界の過渡期を駆け抜けた歌姫

【加藤 ミリヤ】――「これが私の10年間だったと報われた気持ち」活動10周年を迎えた音楽界の女神

+お気に入りに追加

――16歳でデビューを果たしてから早10年。記念碑的なアルバム『MUSE』をリリースする彼女が、常に時代の最先端を走ることのできた理由とは――。

1411_kato_01.jpg
(写真/細居幸次郎)

 “加藤ミリヤ”と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、「サンプリングという音楽の手法を一般的に伝搬した歌手」だろうか、それとも「とっつきにくそうなシンガー・ソングライター」、あるいは「もの悲しげでありながらも毒気のある女性」だろうか。そのイメージは、見る者/聴く者にとっていかようにも形を変えるだろうが、これから並ぶ彼女の発言に目を向ければ、実直で誠実な印象を抱くかもしれない。それがあったからこそ、加藤ミリヤは音楽活動において10周年という節目を迎えられたのだと思う。「大人なんて信用できない」と歌い始めてから10年、いつしか自分も大人となり、「私がそう思っていた頃の年齢の子たちに、そんな大人だと思われないように」と襟を正す彼女が、『MUSE』と命名した10周年の記念碑的アルバムを発表する。加藤ミリヤ、本誌初登場、本音を語る。

──10周年を迎えた感想は?

加藤ミリヤ(以下、ミリヤ)感謝に尽きます。「私、10年間がんばってきました!」という気持ちじゃなく、加藤ミリヤというひとりの人間を支えてきてくれたみなさんと一緒に迎えられた10周年だと感じています。

──表題曲「M.U.S.E.」は、自身の10年間を振り返る歌詞で構成されていますが、その中に「音楽は嘘つかない」という言葉があります。実際にこの10年間で音楽に嘘はつかれませんでしたか?

ミリヤ あるといえば、あるかな(笑)。たとえどんなに音楽と真摯に向き合っても、どんなアーティストでも報われないときってあると思うんです。それが世の中から理解してもらえず、一方で不真面目に流行に便乗しただけの音楽が、おいしい思いをすることがあるのも音楽業界。でも、私は表面的な部分だけの評価はされたくなかったし、悔しい思いをしながらでも、常に音楽に対しては真面目に対峙してきたつもりです。それでも、ふと我に返って「そんなこと言いつつ、私なんてまだまだじゃん……」と肩を落とすこともありました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ