サイゾーpremium  > 連載  > 【麻生希】アダルト表現には男性の性衝動を抑える働きもあるはずです!

――AVメーカーMAXINGさんイチオシのAV女優さんと時事問題を考える当連載。今回は、今年5月の電撃引退から見事復活を遂げた麻生希ちゃんに、マンガ・アニメおよびアダルトコンテンツの表現規制について聞いちゃいます。

1409_maxing_01.jpg
[今月の提言]
アダルト表現には男性の性衝動を抑える働きもあるはずです!

[今月のトピック]
アダルトコンテンツ規制
表現規制に積極的な自公政権やマスコミの過剰報道などにより、性的表現の締め付けは厳しさを増している。14年6月、児童ポルノの単純所持を禁止する改正児童ポルノ法が成立。対象から除外されたマンガやアニメも、依然として他の法令や業界の自主規制の的にされる可能性がある。

――7月19日に、岡山県倉敷市の小5女児誘拐事件の犯人が逮捕されたのは知ってます?

麻生希(以下、) 警察に踏み込まれたとき、女の子を「自分の妻です」って紹介したやつですよね。

──そうそう。犯人の49歳男性はいわゆるロリコンで、報道によれば、部屋にはアニメのポスターが貼ってあったと。この手の事件が起きると、大手マスコミは往々にして犯人のオタク気質みたいなものをクローズアップするんですよね。で、そうしたマンガやアニメが犯罪を誘発しているから規制しよう、みたいな方向に持っていこうとする。

 あー、そういう作品が男の人の欲求を刺激しちゃうっていう。でも、マンガやアニメとはちょっと違うかもですけど、わたしたちがやってるAVも、本来は男性を満足させるためのものだと思ってるんで、規制されてやりたいことができなくなるのは困りますね。

──希ちゃん自身は、マンガやアニメは見るほう?

 アニメはあんまり見ないんですけど、マンガは『ちびまる子ちゃん』と『コジコジ』が大好きです。

──意外なところを突いてきましたね。

 難しい作品はわからないんですよ、『エヴァンゲリオン』とか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』