サイゾーpremium  > インタビュー  > 【ぱいぱいでか美】ライブハウスで”イロモノ”が熱い!?

――不況と言われる音楽業界だが、なにもかもが終わってしまったわけではない。明日のブレイクを夢見る若者が活躍するシーンの中で、最近話題の、あるアーティストがいるという。

1409_dekami_01.jpg
(写真/神藤 剛)

「あどけない顔つきとFカップボディ」という触れ込みでツイッターのフォロワーが5000人超え。シンガーソングライターの大森靖子にかわいがられ、熱烈なハロプロヲタ(嗣永桃子推し)であるというミュージシャン・ぱいぱいでか美にインタビューを申し込んだら「アルバイトがあるから」という理由で延期になった。数日後、ハロヲタの聖地・中野での取材となったが、彼女自身は中野とは縁が薄いという。

「暇な日は一日中家にいるので、外にはあまり出ません。テレビを観ているかツイッターをしているか。タレントでは有吉弘行さんが好きです」

 そのあられもない名前でとっつきにくい人を予想していたが、実際は普通の女の子のよう。さて、ぱいぱいでか美とは何者だろう? 23歳の彼女は、普段はオムライス屋で週に5日、朝の10時から15時まで働いているという。ライブがある日は、ライブハウスに行き、「トキメキ蟻地獄」や「ぼくがおっぱい大きくしてあげる」などの曲を歌う。都内を中心に年間100本に及ぶライブをこなし、着々と動員を増やしている。そんな彼女がその名前でライブハウスのステージに立つようになったのは、故郷・三重県から音楽専門学校に入るために上京したことがきっかけだった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ