サイゾーpremium  > 特集2  > 【元月組男役三番手・遼河はるひ】“元宝塚”ブランドとその本音
第2特集
宝塚歌劇団【裏】100年史【1】

【元月組男役三番手・遼河はるひ】退団後の活動をも左右する“元宝塚”ブランドと本音

+お気に入りに追加

――昨年、元タカラジェンヌとしては“異例”の人力舎所属タレントとして話題になった遼河はるひ。今でこそ、その天然っぷりを発揮し、親しみやすいキャラクターの彼女だが、現役時代は宝塚史上最高倍率の難関をくぐり抜け、月組の男役三番手として、スター路線で活躍する注目女優のひとりだった。そんな彼女が、トップの座を前になぜ潔くバラエティに転身したのか──。今年5月に退団する花組トップスター・蘭寿とむらを同期に持つ彼女が、今だからこそ言える、本音とは?

1405_takarazuka_12.jpg
(写真/後藤秀二)

──遼河さんは、アンタッチャブルをはじめ、お笑いタレントを多数抱えている「プロダクション人力舎」の所属ですよね。宝塚OGの多くは女優として活動されますが、正直……不利なんじゃないですか?

遼河はるひ(以下、遼河) いやいや、私はバラエティがやりたかったんです(笑)。宝塚の人って、基本的にトークの苦手な人が多いんですが、宝塚のCS番組『タカラヅカ・スカイ・ステージ』に出た時、自分の性格は、バラエティが向いていると気がついて。人力舎の方とはご縁があって、お世話になることになりました。

──とはいえ、遼河さんも現役時代は“スター路線”に乗っていらっしゃったわけですし、もっと続けておけばよかったとは?

遼河 全然思わないです(笑)。トップにまでなってしまうと、いろいろとできない発言や振る舞いがありますから。実は在籍中から、バラエティに進むことを考えると、辞める年齢的(当時34歳)にも、扱われ方としても、「三番手がちょうどいいポジションだな」って考えていました。

──バラエティに向けて、戦略を(笑)。でも、舞台のオファーも多いですよね?

遼河 舞台のオファーはありましたけど、退団から1年間は断っていました。女優を続けたいなら、宝塚を辞めなくてもいいわけで……舞台に関しては、在団中にやりたいことをやり尽くしたと思っています。

──ちなみに、その1年間は何を?

遼河 男役をやっていると「男が抜けるまで1年かかる」とよく言われていたので、女に戻るためのリハビリを(笑)。資格を取ったり、人付き合いを優先したり。その時に、「私、働いてないとダメなんだな」ということにも気がついたんですよ。宝塚時代は毎月必ず仕事があって、お給料をもらえていましたけど、退団後はどうなるかわからない。仕事がないって、怖いんだなと思いました。

──宝塚の給料は、一般の同年代の女性と比べたら、やっぱり多いんですよね?

遼河 いえいえ。むしろ少ないですよ。今は変わってるかもしれないですし、詳細は秘密ですけど(笑)。

──やっぱり、退団後も言動に制約が!?

遼河 いえ、宝塚から制約を受けることはないですよ。それよりも、暗黙の了解と言いますか、OGの目が……(笑)。皆さん、目を光らせていらっしゃいますから。

──退団後も、責任を持ち続けていらっしゃるという証拠ですね。しかし、最近では、真琴つばささんが『徹子の部屋』(テレビ朝日)で檀れいさんをイジメていたと冗談まじりに発言されたり、ACHOU(華央あみり)さんが『アウト×デラックス』(フジテレビ)で6股交際していたことを暴露したりもされていましたが……大丈夫だったのでしょうか?

遼河 ACHOUさんの件は、OGも現役も怒ってましたね(苦笑)。宝塚の品位を貶めずに、自分自身のことだけをネタにするならいいんですけど……。

──そのOGの目から見て、最近の後輩の皆さんはいかがでしょうか?

遼河 私が退団する前くらいから、新種の人も増えた気がします。厳しくすると、すぐに親御さんが出てこられて……。それで一時期、宝塚音楽学校の規律が緩くなったんですよ。以降、私たちの頃の常識が後輩たちに通用しないこともありましたね。

──96期生の方が起こした学校内でのイジメ裁判も、その世代や環境の問題なんでしょうか?

遼河 裁判の内容はよくわからないんですが、宝塚には、基本的に陰湿なイジメはないですよ。組内でそんなことをすれば、イジメたほうの立場が悪くなるだけですから。もちろん、同期同士で思ってることを言い合ったりはしますけど、それはその場だけで、その後はケロッとして一緒に遊んだりしていますし。サバサバしたものですよ。

──男よりも男らしい世界ですね。そんなタカラジェンヌは、普通の男なんか相手にしてくれないんですよね?

遼河 「ツンツンしてそう」とか「馬鹿にされると思った」って、よく男性に言われますけど、実際はそんなことないですよ。一般の方と結婚するOGは多いですし。男性たちに対しては、モデルさんたちのほうがよっぽど厳しいですよ(笑)。

──おお。少し、変な希望が持てました! 最後に、今後の展望を、教えてください。

遼河 今はまだ、“元タカラジェンヌだから”と特別視されてしまう場面も多くて、人力舎の先輩方が共演していないと、なかなかバラエティタレントとしてイジってもらえる機会が少ないんです。なので、そういう殻を今後は破っていきたいですね。私は今、「お客さんからの拍手」よりも「バラエティ番組での笑い」が欲しいので(笑)。

(構成/高橋ダイスケ)

遼河はるひ(りょうが・はるひ)
1976年、愛知県生まれ。元宝塚歌劇団・月組三番手男役スター。愛称は「アヒ」。宝塚史上最も競争倍率(48倍)の高かった94年に宝塚音楽学校入学。82期生の同期には、現在の雪組トップスター・壮一帆、花組トップスター・蘭寿とむ、元雪組トップ娘役・紺野まひるらがいる。09年に退団し、現在はバラエティタレントとして活躍中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ