サイゾーpremium  > 連載  > キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」  > 【連載】高橋が吠える「愚行で得するのって、結局サイゾーでしょ?」
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第17回

キンコメ高橋が吠える「愚行で得するのって、結局サイゾーでしょ?」

+お気に入りに追加

どんなに立派なお言葉も、決して素直に受け取らない卑屈家が2人。そのこじれた思考に、偉人たちの格言を浴びせてみると……?

今月の格言

ある者の愚行は他の者の財産である

フランシス・ベーコン(Francis Bacon)
1561年、イングランド生まれ。「帰納」の概念を提出したことで知られる哲学者。「知識は力なり」の言葉は有名。1626年没。

「ある者の愚行は他の者の財産である」。フランシス・ベーコン、哲学者ですね。

 誰かが失敗したこととか、愚かな行いをしたことによって他者が得をしたり、財を得るということ?自動車事故が起きれば修理工場が潤うとか、失恋すれば風俗が儲かるみたいな。

 単純に「人の不幸は蜜の味」みたいなことじゃないですかね?

 そういう井戸端的なことですか? この収録の前にも小明ちゃんは、ずっと家に出るネズミの話をしてましたけど、我々の家にネズミが出ることによって、害虫駆除会社だったり、齧られた配線を直す電気屋が儲かるみたいな話じゃないの?

 それはネズミの愚行というか、生存競争です。完全に負けていますが……古い木造住宅ってネズミがヤバいですよね。

 そうだね、それにどっちかというと、それはネズミよりも、ネズミが巣食うような古い木造に住むしかない、微収入の我々の愚行だからね。そしてネズミにかじられた食パンや配線をお店に買いに行く。するとお店の人は財をなし、ネズミ御殿を建てる。そういうことですね。

 そういうことですか? 愚行といえば、ちょっと前に元モー娘。の矢口さんが不倫相手をクローゼットに隠すという愚行で、元旦那さんのメディア露出が増えましたね。日刊サイゾーの人気記事ランキングもずっと矢口!矢口!矢口! の連続で、おぼろげだった元旦那の顔や名前がバッチリ記憶されましたよ。中村昌也くん、カッコイイしがんばってほしい……。矢口さんは今、何をしているのかな?

 だから、愚行で得するのって、結局サイゾーでしょ? 結局、愚行を働いた人の名前からユーザーのアクセス導いてさ、「愚行の続報」とか「愚行から1カ月たつが、いまだノーコメント」とか、「愚行の人物の後輩がこんなことしてる!」みたいに、一愚行で八財産くらい得ようとする。

 何を言うんですか! 確かにそうかもしれないですけど!

 それが、ホントに愚行ならいいんですけど、グレーな時でもサイゾーの財にしてしまうところがあるでしょ? どっかの雑誌が愚行と認めたけど、まだ確定ではない時に、「サイゾーは愚行だとは言ってないよぉ? あの雑誌が言ってたんだよぉ?」と置き換えつつ、得る財は同額という卑劣な手段を用いるときあるよね。恐ろしいよ。

 そしてそこからギャランティをもらっているのが私たちですよ。人の愚行の上で飯を食うというのは、一番ゲスい気がしてきます……。

 いや、我々は「ウンコが山ほど出る!」とかの広告から得たお金をギャラとしてもらってるつもりだから。だから、ベーコンがどこまで考えていたのかわかんないですけど、これは「タレントの愚行は、サイゾーの財産である」っていうことじゃないですか。

 そんなことないですよ!サイゾーはいつも正しく倫理的な目線から社会を見てエッジの効いた忌憚なき意見を……! っていうか、すごいちゃんと読んでるんですね。サイゾー好きなんですか?

 好きじゃねえよ!起きると更新が来てるから読んじゃうんだよ、アクセス詐欺だよ。

 詐欺じゃない! 無課金なんだから!

 小明ちゃんは完全にそっち側の感じになってるじゃん、詐欺側だよ。しかも、なんかサイゾーって、ちょっと「知的な媒体ですよー」「下世話を冷静な目線で見てるから下世話じゃないですよー」みたいな感じを出すじゃん。もっと野次馬感丸出しできて欲しいのに。

 じゃあもう「日刊ナックルズ」でも読みなさいよ! すっごい似たようなサイトがありますから!

 読むほうも読むほうでさ、「これを読んでる分には罪悪感を感じないで済む」って感じるようにできてるじゃん。自分を一段上にしておくことによって、「下界を覗き見てる自分は争いに巻き込まれてない」と安心しつつ、さらに「そんなのを見ている自分も冷静に見れてる私」っていうのを押し出せるんだよ。だから、普通は「ある者の愚行を財産としている自分」にも「自分は愚行で儲けてる人間なんだ」っていう罪悪感みたいなものがあるものですけど、サイゾーはその後に「そんな自分!(笑)」みたいなのを足して煙に巻く。そういうところがサイゾーにはあるんだよなぁ。……まあでも! ……才能のある媒体なわけだから、これからは気持ちを改めてがんばってほしいね!

 パーケンさんがサイゾーをすごい愛読してるのは伝わりました。サイゾーさん、私は悪口言ってないんで、ちゃんとギャラはくださいね。

(構成/小明)

1205_akari.jpg

あかり
1985年生まれ。02年、ホットドッグプレスドリームガールズ準グランプリを受賞。サイゾーよりCD「君が笑う、それが僕のしあわせ」発売中。サイゾーテレビ『小明の副作用』出演中。胃腸の弱さには定評がある。


1205_takahashi.jpg

たかはし・けんいち
1971年生まれ。お笑いコンビ・キングオブコメディとして『キングオブコント2010』優勝。愛称はパーケン。サイゾーテレビ『ニコニコキングオブコメディ』出演中。胃腸の強さには定評がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ