サイゾーpremium  > 特集2  > 禁断の【最強芸能プロ・ジャニーズ】儲けのカラクリ

──少し古い話になるが、07年8月16・23日合併号の「週刊文春」(文藝春秋)によると、04年のジャニーズ事務所の法人申告所得は110億円を超えるという。同誌によると、これは数多の芸人を擁する吉本興業でも及ばない──。だが、そんなジャニーズも、所属タレントの人気が目に見えて凋落している。そんなジャニーズのビジネスとはどのような変遷をたどってきたのだろうか? なかなか表には出てこないジャニーズビジネスを検証してみたい。

1305_J_01.jpg
かつての稼ぎ頭だったSMAPも、いまだ根強い人気を誇る。

 日本最強の男性アイドル芸能事務所・ジャニーズ。12年6月に創業50周年を迎え、ますます隆盛を誇っている。

 もっとも、これだけの影響力を持ちながら、企業としての規模は驚くほどコンパクトだ。社長の“ジャニーさん”こと喜多川擴、副社長の“メリーさん”こと藤島メリー泰子の2人が実権を掌握し、メリーの娘である藤島ジュリー景子を加えた3人の創業者一族が資産の大半を持つ。過去に発表された長者番付から鑑みるに、この3人だけで毎年、十数億円の収入があるといわれている。

 ここにファンクラブやグッズ販売といった裏方の実務を一手に担当する伊豆喜久江、広報担当の白波瀬傑、SMAPのマネージャーとして叩き上げた飯島三智といった幹部が加わって会社を動かしている。

「おそらくジャニーズ本体の社員は、全部で100人もいないでしょう。また、現場社員の給料は薄給で有名、入れ代わりも激しい。一部の幹部だけがすべてを仕切る、完全なトップダウンの会社です。以前、知り合いの芸能プロに元ジャニーズのスタッフが転職したそうだけど、ジャニーズ時代の額面の低さに、芸能プロ幹部が驚いたとか(苦笑)。今風に言えば“ブラック企業”と言ってもいい」(芸能プロ関係者)

 長年、ジャニーズ事務所は「ジャニーがタレントを育てて、メリーが売る」といわれてきた。商品となるタレントの発掘・育成はジャニー喜多川の専権事項であり、「ジャニーズJr.」という独特の研究生システムはあまりにも有名だ。そしてこのシステムは、ほかの芸能プロには、到底まねできないものだという。

「普通の芸能プロであれば、スカウトやオーディションなどで見つけたタレントの卵を、レッスンなどで育てながらデビューまでこぎつけます。その間の先行投資は、たとえひとりでもかなりの金がかかる。ところがジャニーズの場合は知名度があるから、黙っていても日本中からいい素材が集まってくるし、その規模もケタ違い。基本的にジュニアのレッスンはタダですが、数百人のレッスン生を抱え続けるなんてことは、ジャニーズくらいの収益がないと、まず無理ですよ」(大手芸能プロ幹部)

 大量のJr.の中からレッスンを通じてジャニー氏のお眼鏡にかなったメンバーがピックアップされ、グループとしてデビューすることになる。その人選も絶妙で、メンバーのチョイスや組み合わせから、グループ名、デビューのタイミングまで、すべてを決定するのはジャニー氏だ。常人にはうかがい知れない独特の世界観は、ジャニーズビジネスの根幹を支えるものとなっている。

「ただ、どんなに素質があるJr.でも、基本的に給料は払わない。通常の大手芸能プロでは、見込みのある研究生には給料を払うのが慣例。そうしないと、ほかに引き抜かれる可能性もあるからね。だけどジャニーズの場合はブランド力があるがゆえ、無給がまかり通る」(同)

 メリーの豪腕もまた、業界では知らぬ者がいないほど有名だろう。テレビ局、広告代理店、紙媒体に加え、夫で今上天皇のご学友として知られていた作家の故・藤島泰輔の人脈で、政界や右翼団体の大物にも顔が広く、昭和の大物フィクサーといわれた小佐野賢治の妻がジャニーズの後見人だったとも囁かれている。

「ただ、2人の生活スタイルは両極端。ぜいの限りを尽くすメリーさんはラグジュアリーブランドで身を固め、自家用ジェットでセレブな旅行を満喫するのが趣味だけど、ジャニーさんはそうしたことに一切興味がない。お気に入りのJr.とハンバーガーを食べるのが好きだとか。もちろん、そんな姿を見ると、とてもじゃないけどジャニーズのトップとは思えない(苦笑)」(同)

 さて、こうした人脈を駆使した売り出しの手腕は、いつの時代でも王道の「タレントパワーをバックにした直球勝負」だ。その時代のトップクラスの自社タレントと若手を組み合わせたバーターや抱き合わせで露出を確保し、次世代のスターを作り上げていく。80年代の歌番組全盛期には、光GENJIのバックダンサーをSMAPが務めるなど、“スター歌手とバックダンサー”という形が多かったが、近年はドラマでも同様の構図が見られている。ジャニーズタレントが主演するドラマに、ジャニーズの若手がキャスティングされることは定番となっている。

「これができるのは、テレビ局、広告代理店と三位一体になった強固な関係があるからです。わかりやすいのがジャニーズ枠といわれるドラマで、まずジャニーズありきで企画が立ち上がりますから、共演者や脚本までジャニーズの発言力は絶大です。ほかの大手事務所も手法自体は変わりませんが、質量共にこれほどのタレントパワーはありませんからね」(広告代理店関係者)

 一方で、人気タレントの出演やカレンダー利権などをちらつかせたメディアコントロールにも余念がない。競合する他社タレントを徹底して潰しにかかることで、ジャニーズのメイン市場である「十代男性アイドル」というジャンルを独占してきた過去も有名だ。

「かつてはライジングプロがデビューさせたw-inds.との共演をNGにしたり、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストをめぐって主婦と生活社を出入り禁止にしたりと、この手の噂は枚挙に暇がない。お笑いで出てきたロンドンブーツ1号2号や、俳優の山田孝之あたりにも、かなりの“圧力”があったようです」(女性誌編集者)

1305_J_02.jpg
名実ともにSMAPを超えた嵐の5人。彼らが生み出す莫大な収益がジャニーズ本体を支えている。

 ジャニーズ帝国は、ジャニーとメリーの両輪がガッチリとかみ合うことで、そのビジネスを拡大してきたといえるだろう。

 もちろんジャニーズとはいえ、最初から順調にコトが運んだわけではない。70年代にはジャニーが寵愛した郷ひろみをバーニングプロに引き抜かれるなど、辛酸を舐めた時代もあった。80年代に入って近藤真彦、田原俊彦、野村義男のたのきんトリオで息を吹き返し、そこから少年隊、シブがき隊と次々にアイドルグループを世に出し、光GENJIでひとつの頂点を極めることになる。

 会社としても、この80年代中盤から90年代初頭にかけて子会社を次々と設立し、ビジネスの土台を築き上げてきた。有名ドコロを挙げてみると、音楽著作権管理の「株式会社ジャニーズ出版」、CM・広告を手がける「ユニゾン株式会社」、ファンクラブ運営の「ジャニーズファミリークラブ」、グッズ販売・ショップ経営の「ジェイ・ステーション」、コンサート・舞台主催の「株式会社ヤングコミュニケーション」と、その傘下のチケット販売「コンサート事務局」といったところ。いずれも近代的な芸能プロダクションにとっては欠かせない。

 中でも特筆すべきは「ジャニーズファミリークラブ」だろう。ファンクラブを単なるファンサービスの一環としか考えていない事務所が多かった時代、ジャニーズはファンクラブを中心に作り上げた強固なネットワークをベースにビジネスを展開してきたと指摘する芸能関係者は多い。

「ファンクラブには会報や番組観覧・試写会の募集に加え、コンサートや舞台チケットの優先予約という特典がありますが、その上で徹底的にファンを管理、育成してきたといってもいい。会員数は公表されていませんが、一説には嵐だけでのべ130万人を超えているといわれている。このファンクラブがあるからこそCDやコンサートの動員にも安定した数字を計算できるし、グッズ販売でも大きな利益を上げています。利益率の高いグッズ販売はジャニーズの隠れた収益の柱になっているのが現状で、ジャニーズが肖像権の管理にあれほど神経質なのも、グッズのレア感を出すためだと見る関係者は多い」(前出・大手芸能プロ幹部)

 そして90年代に入って登場したのがSMAPだ。このSMAPの大ブレイクによって、ジャニーズは「少年アイドル」というジャンルを飛び出し、芸能界全体に絶大な影響力を持つようになったといえるだろう。

 ジャニーズ内部でもリストラ候補となっていたSMAPを売り出したマネージャー飯島三智の手腕は有名だが、この飯島が採った手法は、その後のジャニーズタレントの方向性にも決定的な影響を与えている。

 特殊な育成システムを別にすれば、それまでのジャニーズのビジネスは他事務所と大差なく、基本的には「テレビの歌番組に出て人気を高め、レコードを売って、コンサートを開く」というスタイルだった。デビューさせたはいいが、ほとんど売れずに消えていったグループも少なくない。

 ところが飯島はそれまでの「歌」をメインにしたグループ単位の売り出しではなく、グループをドラマ班(木村、稲垣、森)とバラエティ班(中居、草彅、香取)に分けることによって効果的に売り出すことに成功する。SMAPが最初に世間に認知された番組はバラエティの『夢がMORIMORI』だが、すぐに稲垣がドラマ『二十歳の約束』で注目を集め、続いて『あすなろ白書』(すべてフジテレビ)でキムタクが大ブレイク。この人気をテコに、SMAPは一気に芸能界の頂点まで駆け上がった。

「それまでのジャニーズアイドルは歌、ダンス、芝居の3点セットでしたが、SMAP以降はそこにバラエティやお笑いという要素も加わった。おかげでお笑いブームの時代に対応できたし、ある程度年齢が高くなってからも活躍できるフィールドが広がった。もちろんSMAPというキラーコンテンツをバックにした“競合他者”への圧力も、それまで以上に強くなりました」(スポーツ紙記者)

 さらにSMAPのブレイクは、所属タレントの給料にも影響を及ぼしていた。

「スタッフだけではなく、ジャニーズはタレントの給料の安さも有名だったけど、キムタクが独立をチラつかせたこともあって、給料が跳ね上がった。キムタクは96年に『木村拓哉』という写真集を発売しているんだけど、その発売元は川島インターナショナルという無名の出版社。実は、この会社はキムタクの実父が勤めていたテキスタイル企業の関連会社。当時のキムタクの月収は数十万円程度だったそうですが、大モメにモメた結果、ジャニーズ側が譲歩して給料を上げ、さらに写真集を親族の会社から出版させることで合意したという。この頃からSMAPのメンバーが長者番付に出始めたことは、当時、芸能関係者の間で話題になったよ」(同)

 こうしたジャニーズ側のヤリクチは、別の局面でも見て取れる。

「莫大な利益を生むグッズの制作などでは、いわゆる“昔お世話になった人”に発注することが少なくないそうです。そうすることで、自分たちのまわりでお金が動くようにするというビジネススキームなんですよ」(大手広告代理店社員)

 だが、これが国税局に目をつけられているのか、近年のジャニーズは脱税などのゴシップが報じられることもある。

 大きな話題になったのが02年にジャニーズ本社、ジャニー喜多川社長の自宅、関連会社などに国税の調査が入った事件。当初は合計20億円ともいわれる申告漏れが発覚したと報じられ、最終的には幹部のひとりだったジェイステーションの武田荘三社長が責任を取る形で辞任。10年に約8800万円を脱税した法人税法違反の罪で懲役1年執行猶予3年の有罪判決を受けている。

「武田社長は最後まで『ジェイステーションはジャニーズ事務所とは無関係』と言い張りましたが、これがトカゲの尻尾切りであることは明らかでした」(週刊誌記者)

 こうした中、さらに気になるのはジャニーズの屋台骨を支えてきたSMAP人気の凋落ぶりだ。もちろんいまだトップタレントの地位は揺るがないが、以前ほどの絶対的な数字は望めなくなっており、これがジャニーズの将来にとって、ひとつの潮目となりそうだ。

「辛うじて踏みとどまっているのはキムタクくらいのもので、そのキムタクにしても昨年のドラマ『PRICELESS』(フジ)は、米倉涼子の主演ドラマに視聴率で負けている。ほかの4人に至っては主演のドラマや映画は軒並み苦戦していますからね」(女性誌記者)

 もっとも、今年10月で82歳となるジャニー喜多川は、4月にはジュニアの中から20人ずつの2チームで計40人を選抜するユニットTwenty・Twenty(トゥエンティ・トゥエンティ)の結成も発表するなど、その野心は健在だ──。

 では、ジャニーズという芸能プロを、ひとつの企業体として見た際、どのように運営がなされているのだろうか? 当企画では、ビジネス的な視点から“日本最大の芸能プロ”の実態に切り込んでみたい。

(取材・文/常田 裕)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ