サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > スクールで次期【女子アナ】が喰われまくり!?
1303_announce_news.jpg
「X」とは一体……。『テレビ朝日女性アナウンサー カレンダー 2013年』(ハゴロモ)

 テレビ人気に陰りが出てきたとはいえ、変わらず女子アナは、人気を集める職業だ。そんななか、夏目三久や大橋未歩などを輩出した有名アナウンススクールで女子アナを目指す女子大生が、ヤリチンOBに喰われまくっていた、というけしからん話が漏れ聞こえてきた。

 夏目らを輩出したのは、港区に本社を構えるテレビ局が主催するアナウンススクール「X」。キー局が運営するスクールのなかでも懇切丁寧な指導、そしてアナウンサー輩出率の高さから、女子アナ志望の大学生に人気となっている。

 ヤリチンOBの事件が発覚したのは2011年のこと。現在『すぽると』のキャスターに抜擢されたフジテレビ入社1年目の宮澤智アナも在籍していた時期だという。

「X」では、春季と秋季の2期にわかれ、例年100人程度の女子アナ予備軍が通う。都内の有名私立大だけでなく、関西や九州など地方から通う者も少なくない。また、1割程度の割合で男子もいる。

「発声練習やアナウンサーの心得を丁寧に教えてくれるほか、実際に使用しているテレビスタジオも見学できます。また、第一線で働くアナウンサーがゲスト講師として指導してくれることも魅力のひとつ。堂真理子アナや前田有紀アナが来たときには全員から歓声が上がりました」(「X 」卒業生の男性)

 こうした実践的な指導に定評がある一方、このスクールでは定期的に開催される華やかなイベントもウリだという。

「新歓コンパや七夕飲み会、夏休みキャンプ、全員コスプレのハロウィン、クリスマス会など季節ごとにさまざまなイベントが開催されているんです。ノリのいい子が多いから、チャラい大学のテニスサークルとなんら変わらない感じです」(前同)

 当然、こうしたイベントにも、現役アナウンサーが参加する。

「現役アナウンサーはもちろん、アナウンサーとして内定が決まった大学4年生もよく来ますね。アナウンサー"合格術"を聞きたい女の子にチヤホヤされるもんだから、彼らもノリノリ。女子大生の側もコネを作りたかったり、女子アナになれなかった時の"嫁候補"として覚えてもらおうという子までいるなど、なにかと必死にアピールしていたようですよ」(前同)

 そのなかでも現在、関西の地方局に在籍する若手アナウンサーAは頻繁に顔を出し、スクール在籍の女子大生と親睦を深めていたという。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』