サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 写真時評~モンタージュ 現在×過去~【10】
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

野生動物の死をめぐるドラマ

+お気に入りに追加
2012年撮影(c)宮崎学

 写真家・宮崎学の作品に「死」というシリーズがある。山中で朽ちていく野生動物の死骸を、赤外線感知装置付きのロボットカメラで定点観測したものだ。一定時間ごとに自動撮影されるだけでなく、死骸に向けて照射された赤外線を何かが遮るとシャッターが下りる仕組みにもなっていて、腐臭に誘われて集まってくるさまざまな生物の様子が、彼らに警戒されることなくとらえられている。自ら動くことのなくなった野生動物の死骸は、ほかの生物の手によってゆっくりと、時に素早く動く。中心となる被写体はファインダーの真ん中に位置している死骸に違いないが、それを分解しにやってくる生物たちも、この死をめぐるドラマの重要なキャストであり、撮影者でもある。森の中の死骸がひとつの舞台装置のようにも見えてくるほどだ。

 野生動物の死骸が横たわるそこは、静かな森の中でもひときわ賑やかな場所だろう。ひとつの死骸がそのほかの生物を活気づけているように見える。死は生の終わり、生の停止であるが、自然は一時もとどまることはない。死が終わりなのではなく、死のゆるやかな終わりがあるということだ。「自然の死によって生命は、絶えることなく、連綿と連なっている」と宮崎が語るように、一個体の死はほかの複数の生と関係していくのだ。鳥たちは死骸の体毛を巣材として持ち帰り、死骸を食べた小動物たちは体内にエネルギーをため込み越冬していく。動物の死は、自然の中で一片の無駄なく再利用されるわけだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』