サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > ラッパー【サイプレス上野】が選んだ3本

1212_p_rouetosayoshi.jpg
今回ご登場いただいたサイプレス上野氏(写真左)。
写真右はロベルト吉野氏。

――1999年の創刊以来、芸能界から政財界、ヤクザにIT業界まで、各業界のウラ側を見てきた「サイゾー」。巷間騒がれる小誌の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい! そんな思いから、「サイゾー」を愛読している物好きな(失敬!)有名人からおなじみの識者の方々に、「サイゾー」でしか読めないオススメ記事を選んでもらいました!!  今回選んでもらうのは、昨年9月に連載「CCCCC」(終了済み)内にて【横浜・ゲットー・ウォーカー】──レペゼン横浜ラッパーがハマのウラ側をご案内!で、横浜の危険地帯を案内してくれたラップユニット・サイプレス上野とロベルト吉野(通称:サ上とロ吉)。ちょうど本日12月12日に、新譜ヨコハマシカ feat.OZROSAURUSが発売するとあって、「宣伝しますから!」と強引にサ上氏にサイゾー記事を選んでもらった!

【サイプレス上野が選ぶフィーリングで選んだ記事3本】

『最強最凶美女は誰だ? 元ヤンアイドルが熱い!』
(2009年6月号特集「アイドル秘ゴシップ白書」より)

『なぜ「ジャンプ」は変わったのか? フリー化された解釈に見る「ジャンプ」腐女子化の理由』
(2012年12月号特集「タブーなマンガ」より)

『ネットも”現場”と化したヒップホップ界”擬装”したラッパーたちが歌うリアリズム』
(2012年6月号連載「テクノロジーから見る!業界アウトルック」より)


 ラッパーとかDJの中には、ゴシップが嫌いな人もいますけど、俺は東スポも好きだし、日刊サイゾーのほうはチェックしてますよ。最近だと、あゆの記事(浜崎あゆみの不倫熱愛報道に関連したもの)とか、内柴(正人)の裁判とか、夏目(三久)コンドーム事件とか。

 そんなわけで今回ピックアップしたのもパッと興味があった3本。

『最強最凶美女は誰だ? 元ヤンアイドルが熱い!』なんか普通に気になりますよね。佐々木希とか浜崎あゆみとか載ってましたけど、こうゆう可愛い女はホント怖いんだなって。佐々木希には、できれば会いたくないスね。いや、会いたいな。

 あと、『なぜ「ジャンプ」は変わったのか? フリー化された解釈に見る「ジャンプ」腐女子化の理由』もよかった。

 俺が小学校のころ「週刊少年ジャンプ」は黄金時代で、当然読んでましたけど、中学校に上がって以降は読まなくなって。いま「『黒子のバスケ』イベントを中止せよ」とか言って殺人予告も出てるんでしょ? 俺は『ワンピース』も読まないから、どんな風になってるのかなって気になってたんですよ。だから、この記事は「ジャンプ」読まなくても、そんな状況がつかめました。

 最後は(ライターの)磯部涼さんが書いた『ネットも”現場”と化したヒップホップ界”擬装”したラッパーたちが歌うリアリズム』

 いまはSoundCloud(08年からスタートした音楽共有SNS)とかで楽曲をアップできるし、ラッパーはみんなFacebookなどで積極的に宣伝しないと、(ファンや消費者に)見てもらえない。

 そうやって、アーティストは否応なくネットの世界に巻き込まれてるけど、一方で例えばツイッターなどから、常にメッセージが来たり、フォロワーから絡まれたり、煩わしいことも増えてますよね。みんなネットにつながってるので、ここでの話題が共有されるわけで。この状態は、まさに現場ですよ。

 ただ、俺の実感としては、この「ネットが現場になってる」っていう感覚に気がついてないラッパーが、まだ多いように感じますね。

 余談だけど、俺もツイッターをやってますけど、レーベル批判したりとか、酔っ払うとすぐ爆弾を投下しちゃうんで、最近は自粛してます(苦笑)。
 
 あ、それと藤原ヒロシさんのインタビュー(『DJ・藤原ヒロシはかく語りき「初代ウォークマンは商業音楽の在り方をも変えたと思う」』)に、「いつもテレビつけっぱなしだ」って話がでてきていて、驚きましたね。

 ラッパーの中には、「テレビなんかくだらないから見ねぇ」っていうスタンスを出してる人がいますけど、絶対見てますからね。「テレビ見ない」って公言してるある先輩DJが、「◯◯◯なんて整形じゃねーか」とか◯◯◯の文句言ってたけど、「結構みてんじゃねーか!」って(笑)。政治に対するメッセージとかもテレビ見てないとわからないことが多いでしょう。

 俺もテレビつけっぱ派なので、テレビなんか見なさそうな藤原ヒロシさんが「ワイドショーとかも見る」って話してたから、心強かったですね。

「サイゾー」は流れてくる情報に、そういう驚きがあるから面白いっすよね。(談)

サイプレス上野とロベルト吉野(さいぷれすうえの・と・ろべるとよしの)
サイプレス上野(写真左:Rap担当)とロベルト吉野(写真右:DJ担当)が、2000年に結成したヒップホップグループ。通称“サ上とロ吉”。グループのコンセプトは「HIPHOPミーツallグッド何か」で、"決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント"と称されるライブパフォーマンスを武器に、毎年120本近くのライブを行っている。サ上氏は、DJレジェンド・オブ・伝説としても活動中。
 FM YOKOHAMA『YOKOHAMA RADIO APARTMENT』水曜日メインパーソナリティのレギュラー担当、ヒップホップ専門 USTREAM 番組 Amebreak presents 「RAP STREAM」のメインパーソナリティ。またbounce.comでの連載「サイプレス上野 の LEGEND オブ日本語ラップ伝説」が、書籍化している。
PC<http://www.sauetoroyoshi.com/
MOBILE<http://mfmobile.jp/sr/
SMART PHONE<http://sp.mfmobile.jp/sr/

1212_sauetoroyoshi_jkt.jpg

ヨコハマシカ feat.OZROSAURUS
レペゼン『“184(いやよ)045 (045は横浜の市外局番=エリアコード)”』サ上とロ吉の最新作。二人が活動する横浜の大先輩“THE ORIGINAL 045STYLE ”“ハマの大怪獣”こと OZROSAURUS をフィーチャリングした横浜アンセムとなっている。
発売/Felicity 価格/1000円 発売中

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』