サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【小西克哉×武田一顯】 タブーなき尖閣諸島問題の"論点"

――9月11日の尖閣諸島国有化の閣議決定は正しかったんでしょうか?

1211_konishi.jpg
小西克哉氏。

武田 うーん……。もう少し状況を見ないとわからないですね。外交は外国と仲良くすることだけではなくてケンカ。武器を使わない国と国のケンカなんです。

小西 ただ、これだけ緊張状態が続いている以上、現時点では失策と言わざるを得ない面はありますよね。

武田 確かにかなりマズい状況でしょう。中国の尖閣諸島に対する立場って、政府が国有化する前も今も、日中国交正常化のときの田中角栄・周恩来会談から変わってないんですよ。公開された公文書からは削除されてるけど、中国側の当局者によると、その席上で周恩来が「尖閣はほうっておこう」と提案して、田中も「そうしよう」と同意したといわれている。つまり「領土問題はある」という暗黙の了解がなされる一方で、日本による尖閣の実効支配を黙認した72年以来、ずっと同じなんです。

――そんな相手にケンカを売っておきながら、野田首相にはまるで勝算がなかったんですか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集