サイゾーpremium  > 特集2  > 英国スタイリスト・トニー=クロスビーが選...

【選者】
トニー・クロスビー[スタイリスト]

 海外ドラマは、日本でまだ放送されてないものを取り寄せたりして、いろいろ観てきたけど、一晩で1シリーズを一気に観ちゃうくらいハマるものでないと、途中でやめちゃうことが多いよね。

1109_tony_bamen.jpg
「『マッドメン』は、リアリティを追究しつつ、今見てもカッコイイスタイリングにも注目!」とトニー氏。/(C)MMIX Lions Gate Television Inc. All Rights Reserved.

 いくら巷で人気でも、「今日は半分観たから、続きは今度にしよう」なんて思った瞬間に、もうアウト。『LOST』なんかも、最初は面白いなと思って観てたけど、だんだんプロットそのものがロストしてきちゃったから、そのうち観るのをロストしちゃったもんね。時間をロスするだけだしさ。

 だいたい、飛行機が落ちて人も死んでるのに、スーツケースからビキニ引っぱりだして日焼けを楽しむヤツなんて、普通は絶対いないじゃない(笑)。リアリティがあんまりないよね。

 そういう意味で、俺が一番ヤバい!って思うのが、1960年代のアメリカ・ニューヨークが舞台の『マッドメン』【1】。マディソン・アベニューっていう広告代理店が集まる街と、そこで働く広告マンの日常を描いた話なんだけど、モダンでスケベな60年代の雰囲気がまんま出ていて、これがいいんだよね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載