サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > シミケン、ショーケン、ハマコー。問題噴出...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第60回

シミケン、ショーケン、ハマコー。問題噴出の人をまとめて斬る!

+お気に入りに追加
1010_takasu.jpg
シミケンと一緒にいると、官房長官だった故藤波孝生の句を思い出した。「控えめに 生くる幸せ根深汁」。根深汁とは、ねぎのみそ汁のこと。激しく生きるシミケンは、本当は控えめに生きることを願っているはずだ。

 清水健太郎が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。これで6度目の逮捕である。シミケンは、我が社の目の前のマンションに住んでおり、私は彼と4度目の逮捕後から親交がある。

 知り合う以前から、彼の目にはいつも怯えがあると、私は思っていた。「失恋レストラン」を歌っているときも、Vシネマでどんなにコワモテのやくざの役をやっても、遠くを見るような悲しい目をしている。かつてはこの目で女性ファンを獲得し、Vシネマではこの目の表現力で男性ファンを獲得した。ときに、シミケンの目は、男の色気だとか男の悲しさ、男の刹那と形容された。彼の台詞回しや立ち回りも素晴らしいが、それ以上に目の奥にある悲しさ、怯えが人々を魅了した。その悲しみはどこから来たのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE