サイゾーpremium  > 限定  > お粗末捜査に拍車をかける飼い慣らされたマ...
東京地検特捜部、最強権力集団の正体【5】

お粗末捜査に拍車をかける飼い慣らされたマスコミと特捜部の不健全な関係

+お気に入りに追加

0708_chiken_shinbun.jpg
6月12日、朝鮮総連本部の売却をスクープした毎日
新聞の記事と、同日の夕刊でベタ記事扱いした朝日
新聞。まさか詐称事件になるとは。

 検察からの公式な発表もないのに、特捜部の捜査や取り調べの様子が報道されることは珍しくない。特捜部の捜査は、マスコミを通じて「筒抜け」だ。

 もちろんこれは、特捜部の意図的なリークによるもの。特捜部のターゲットは、政財界の大物、つまり権力側の人間。よって捜査には、検察首脳・法務官僚を通じた永田町からの横ヤリが入る。

 そうした横ヤリに事件を潰されないように、特捜部はメディアを利用する。ターゲットに関するネガティブな情報をリークし、世論を味方につけて、捜査を有利に運ぶための「地ならし」をするのだ。

 メディアにとっても、特捜部からのリーク情報は話題性抜群のネタ。1面で取り上げるなど、必然的に扱いが大きくなる。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報