サイゾーpremium  > 特集  > 国を挙げての海外進出支援「IKEA」「H...
第1特集
スウェーデン企業の強さのヒミツはここにあり!

国を挙げての海外進出支援「IKEA」「H&M」が強いワケ

+お気に入りに追加

スウェーデン企業

数年前から活発に日本での店舗展開を進めるIKEAやH&M。いずれも多国にまたがる店舗展開で商品の回転率を上げ、北欧の持つおしゃれなイメージ戦略に、日本人はあっさり手中に落とされてしまった!?
1003_1_wide_ill_ikea.jpg
「自由」と「独立」、「より豊かな土地」を求めて、海外進出をしていくIKEAやH&Mのビジネスは、かつての"北欧ヴァイキング"の精神を引き継いでいる──?(絵/ENLIGHTENMENT)

 06年にIKEA(現在5店舗)、08年にH&M(現在6店舗)が日本へ進出し、今や若年齢層や主婦層にまで、幅広くなじみあるものになったスウェーデンの企業。

 IKEAは25カ国に267店舗を展開、グループの総売上高は約2兆7000億円(09年度末)、H&Mは世界35カ国に約2000店舗を展開し、売上高は約1兆3000億円と業績を伸ばしている(08年度末)。ユニクロを展開するファーストリテイリングの売上高が6850億円(09年8月期)というから、ケタ違いの規模であることがわかる。

 一見、ビジネス大国というイメージの薄いスウェーデンの企業が好調な理由は何か。北欧企業の事情に詳しい異文化研修専門会社インテック・ジャパンの可兒鈴一郎社長は次のように語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年12月号

ドラッグの教科書

ドラッグの教科書

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ

「佐藤あいり」気鋭の女優の美しきボディ
    • 【佐藤あいり】気鋭の女優の美しきボディ

NEWS SOURCE