サイゾーpremium  > 特集2  > 業界の救世主か否か!? 経営から見るエイ...
第2特集
エイベックスのサバイバル戦略研究【1】

業界の救世主か否か!? 経営から見るエイベックス考現学

+お気に入りに追加
1001_hiro.jpg
現在一番の稼ぎ頭EXILEのリーダー・HIRO。松浦社長との付き合いは長い。

 08年、レコード会社によるCD店頭売り上げシェアで国内首位(エス・アイ・ピー調べ)を獲得したエイベックス・グループ・ホールディングス(以下、エイベックス)。さらに、創立20周年となる同年は、記念作品と銘打った映画『レッドクリフ』が興行収入約50億円に達し、念願の映像事業での成功も遂げ、ビジネス面では最高の形で幕を閉じた。しかし、同年11月、かつての同社の稼ぎ頭・小室哲哉が著作権をめぐる5億円詐欺容疑で逮捕。今年8月には、当時所属していた押尾学が麻薬取締法違反で逮捕されるなどで世間を騒がせ、企業イメージがダウン。さらに09年は、昨年のEXILEや安室奈美恵のような大ヒットには恵まれず、業界シェア1位の座をユニバーサル・ミュージックに奪われるなど、不安材料だらけで21年目を終えようとしている。正直、同社の先行きが(勝手ながら)非常に心配だ。こうした厳しい状況の中で事業規模拡大を進めている同社が、今どこに向かっているのか、一考してみたい。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ