サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 芸能人だってステキに恋したい!! ジャニ...
ニュース
やっぱり苦労はつきもの?

芸能人だってステキに恋したい!! ジャニタレ校内恋愛ウラ事情

+お気に入りに追加

 今春、堀越高等学校のトレイトコースに入学したHey! Say! JUMP中島裕翔に恋の噂が浮上している。

0911yamadagazousai.jpg
Hey!Say!JUMPで人気の山田涼介。堀越高校に今年入学したようだが、校内でもモテモテとなれるか?

「数カ月前から、彼女ができたって自慢しているらしいんです。お相手と噂されているのが、大後寿々花チャンと前田希美チャン。どちらも堀越の同級生で、校外で密会しているところが目撃されています。寿々花チャンとは、新江ノ島水族館でデートしてたって話も……」(Hey!Say!JUMPのファン)

 前出の中島、大後らを筆頭に、ジャニーズからは山田涼介、知念侑李、ほかにも神木隆之介、志田未来など、例年以上に華やかな面々が揃う09年の堀越入学組。実際、多忙な毎日を過ごすアイドルたちにとって、学校は格好の"出逢いの場"になっているようだ。

「堀越で生まれたカップルで有名なのは、KAT-TUN田中聖とあびる優でしょうね。もともと堀越は男女交際を禁止しているのですが、この2人は堂々と下校するなど問題児で、その様子が『フライデー』されたことも。ちなみに、同じく堀越出身のNEWS山下智久と田中が、あびるを挟んだ三角形に陥ったこともあります(笑)」(元堀越生)

 過去に遡れば、V6岡田准一と椎名法子も有名で、「後輩だった椎名が岡田の体操着を着て、これ見よがしに交際をアピールしていた」など、微笑ましい(?)エピソードも同級生から暴露されている。また、Hey!Say!JUMP八乙女光と、先輩のPerfumeあーちゃんが卒業後にデートをしていた……などの目撃談も。どうやらアイドルたちも"胸きゅん"な学生生活を送っているようなのだ。

MEMO校内恋愛
同じ学校に通う生徒同士による恋愛のこと。特殊な環境に置かれた10代の芸能人にあっては、実はこの校内恋愛が非常に多い。芸能人が通う学校といえば、東京都内では堀越高校(中野区)と日出高校(目黒区)が二大巨頭とされる。

「とはいえ、長い間芸能人を受け入れてきた伝統があり、規則の厳しい堀越に預けておけば安心だという思いはありますね。ただ『仕事のスケジュールを毎週提出する』などうるさい面も多く、マネージャーにとっても負担が大きい。だから、ここ数年は日出高等学校にタレントを預ける事務所も増えているんです」(芸能プロマネージャー)

 4年前から共学になり、付属中学から芸能コースを備えていることもあって、日出はここ数年、堀越に肩を並べる芸能学校となりつつある。そうなれば、やはり恋の噂はつきもので……。

「日出出身の有名カップルといえば、『ごくせん』に出ていたKis-My-Ft.2玉森裕太と南明奈でしょうね。玉森の友人によれば、1年の時に南が玉森に告白したのをきっかけに交際がスタートしたとか。ディズニーランドや渋谷で腕を組んで歩く2人の姿が何度も目撃されています」(週刊誌記者)

 ちなみに現在も数名のジャニーズJr.が日出に在学中。恋が芽生える可能性は十分にありそうだ。

「今年卒業したKis-My-Ft.2の千賀健永と、後輩であるBerryz工房・清水佐紀が噂になったこともありますね。このあたりからJr.とハロプロの出会いルートができたのでは?」(同)

 過去にはA.B.C.-Z橋本良亮と℃-ute元メンバー有原栞菜のデートが「BUBKA」に報じられたが、その出会いのきっかけもここなのかも。しかし有原栞菜は、「普通の女の子に戻る」とこの7月に芸能界を去っていった。アイドルグループ・9 nineの加藤瑠美はHey!Say!JUMP髙木雄也とのラブプリ流出で07年末に引退、U15界のホープと目されていた女優・菅澤美月も、Jr.(当時)の船曳健太とのツーショットプリクラが流出して、08年夏にひっそりと消えていった。

 売り出し中のアイドルにとってジャニタレとの交際がいかに怖いものかは、過去の例を見れば一目瞭然。気軽な恋愛が命取りにならぬよう注意してほしいものである。

(竹辻倫子&平松優子)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』