サイゾーpremium  > 特集  > 【野村佑香】女子アナ内定騒動の真実
第1特集
『木曜の怪談』の美少女が激白!!

元チャイドル・野村佑香が振り返る 14歳でのキスシーンと女子アナ内定騒動

+お気に入りに追加
0910_nomura_re.jpg
現在、25歳になった野村佑香、チャイドルブームと芸能活動について語ってくれた──。(写真/細居幸次郎)
↑画像をクリックすると拡大します

──野村さんは3歳の時に子役モデルとしてデビューしたんですよね。当時のことは覚えていますか?

野村佑香(以下、) 最初のお仕事は、オモチャのパッケージ撮影でした。なんで覚えているかというと、桃太郎と金太郎の人形を撮影後にもらえたから(笑)。うれしかったなぁ。

──そもそもモデル事務所に入ったキッカケは?

 母の友人が勧めてくれたそうです。小さい頃は両親が現場まで送り迎えしてくれるなど、移動の面倒を見てくれていたんですが、小学校低学年からひとりで行くようになっていました。小2の時には、すでに地下鉄にひとりで乗っていましたよ。今考えると、大冒険ですよね(笑)。

──11歳だった95年頃から、『パパ・サヴァイバル』(TBS)、『木曜の怪談』(フジ)などドラマに立て続けに出演するようになりましたが、学校にはちゃんと通えていたんですか?

 小5の時に初めてドラマに出演したんですが、テストや遠足、文化祭や体育祭といったイベントごとにちゃんと仕事はお休みをもらっていたので、それなりに学校生活は楽しんでいましたよ。周りがみんな良い友達だったことも、楽しめた理由ですね。芸能人ということをネタにされることもありましたが、結構言い返したりしていました。そういったところは私、強いんですよ(笑)。

──野村さんはチャイドルブームの代表的な存在でした。かなり騒がれたと思うんですが。

 台風の目の中にいるような感じで、ブームになっているっていう自覚はありませんでした。そうそう、たまにカンチガイされるんですが、「チャイドル」という言葉は私が名付けたワケじゃないんです(命名はアイドル評論家の中森明夫氏)。自分ではホントにアイドルっていう意識はなくて、職業としてテレビや雑誌に出演していたので、イベントに大勢の方がいらっしゃると逆にビックリしちゃうくらいで(苦笑)。

──有名になるにつれて、ご両親との関係に変化があったりしませんでした?タレントさんによっては、ステージママが何かと口出ししてくるって話も耳にします。

 全然なかったですね。キスシーンとかで、お父さんがちょっとムッとしていたことくらいかなぁ(笑)。14歳のときに初めてキスシーンを撮影したんですが、「それはホントに必要なシーンなのかな」って。やっぱり嫌だったんでしょうね。

──高校を卒業後、野村さんは成城大学文芸学部に進学していますよね。芸能活動一本に絞るという選択肢を選ばなかったワケは?

 高3の初めくらいまで、大学に行くつもりはなかったんです。でも、いろいろな人に相談しているうちに、「大学に行かなくて後悔した」っていうお話を聞いて。それに行きたい学部もあったので、一般受験で大学に進学することにしたんです。勉強や友人関係の構築など、本当に良い経験でした。

大学生活と合コン……そして女子アナ内定報道

──大学進学後、2年間芸能活動を休業していますよね。

 友達のカフェでバイトとかしていました。履歴書を書くのが初めてだったので、スゴく緊張して何度も書き直したり(笑)。確か時給は1000円くらいでしたね。あ、あと合コンにも2回参加したんですよ。でも、あの雰囲気が全然体質に合わなくて、結局、何が楽しいのかわからなかったなぁ。相手の男の子たちも、私が芸能活動をしていた人だって最後まで知らなかったと思いますよ。

──そういえば、05年6月1日付の日刊ゲンダイに「野村佑香、某局の女子アナに内定」という報道がありました。実際の話、内定したんですか?

 そんなニュースありましたねぇ(笑)。実家にまで雑誌記者の方が来て、犬の散歩をしている時に直撃されたんです。「女子アナになるんですか?」って。事実無根だったので、「いや、なりませんよ」って答えたら、「やっぱり本人は否定せざるをえないか」っていうふうに記事が出ちゃって(笑)。最初は身内の笑い話ですんでいたんですが、ごぶさただった友達なんかからも「おめでとう」っていうメールが届き始めたんですよ。あの時ばかりは、マスコミの怖さを知りましたね。

──そんなマスコミの間では、現在、再びローティーンのアイドルが注目されています。ご自身の経験を踏まえて、このブームをどう考えます?

 小さい頃から働くっていうのは、同世代のコができない体験をいっぱいできるので、スゴく楽しいと思うし、やりがいもあると思います。でも、今はジュニアアイドルにしても、いろいろと細分化されていますよね。女優さんにしろ、グラビアにしろ。私の時代とは取り巻く環境を含めてだいぶ違ってきているんじゃないでしょうか。ただ、多くの人生経験を積める世界なので、がんばってほしいなって思いますね。

──もしも、お子さんが生まれて、3歳くらいで「女優になりたい」って言われたら、どうしますか?

 う~ん、それは考えますねぇ……。とりあえず、「自分がカメラマンになるから、ポーズを取ってみて」って言うかな(笑)。

野村佑香(のむら・ゆうか)
1984年3月20日生まれ、神奈川県横浜市出身。3歳の時に子役モデルとしてデビュー。(本誌99年8月号の表紙ほか)ドラマ『木曜の怪談』(フジ系)のヒロイン役で人気を集めるなど、チャイドルブームの火付け役となった。2年間の休業ののち、現在は映画・舞台を中心に幅広く女優活動をしている。 公式ブログ 

今月からマクロビオティックを取り入れた食生活ブログ『佑食プロジェクト』を公開し、フレッシュジンジャーエール『PLATA』などを発売中。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』