サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 宮﨑あおいを虜にする 浮気ダンナの魅力と...
ニュース
篤姫は私生活だって献身的!

宮﨑あおいを虜にする 浮気ダンナの魅力とは?

+お気に入りに追加
0904_miyazaki.jpg
強い女を演じられるのは、私生活で鍛えられているためです!?

 いまや「国民的女優」とまで呼ばれている宮﨑あおい。順風満帆な彼女の芸能活動の中で、夫で俳優の高岡蒼甫との関係は、唯一の突っ込まれどころと言っていいだろう。ご存じの通り、先月発売された「女性セブン」(小学館)で、高岡は、グラドルの金原あすかとの不倫を報じられた。それ以降、宮﨑と高岡は別居状態と報じるメディアもあったが、2人の関係はかなり謎だ。

「不倫が報道された2日後にも、六本木の会員制クラブで高岡の誕生会があったんですが、ここでも宮﨑は欠席。しかもパーティーでは、金原を高岡がエスコートしていたというんですからね。開き直っているのか、報道されたことをネタにしているのかわかりません」(ワイドショー芸能デスク)

 宮﨑本人は映画の舞台挨拶時に、不倫報道を問われて、「大丈夫」と気丈に振る舞っていたが、そもそも宮﨑が熱望して踏み切った結婚。そう簡単には引き下がれないのかもしれない。

 宮﨑と高岡が入籍したのは、07年の6月だったが、宮﨑の親族や事務所関係者は結婚に大反対だったと言う。

「宮﨑はNHKの朝の連ドラ『純情きらり』のヒロインに抜擢され、入籍前には大河ドラマ『篤姫』の主演も決まっていた。一方、高岡はまだお茶の間の認知度は低かった。宮﨑は21歳だし、明らかな"格差婚"でした。ただ、少し待てば、大手のスターダストプロモーションに移籍したばかりの高岡も俳優としてステップアップするだろうから、周囲は宮﨑に時間を置くよう説得したんです。それでも彼女は聞く耳を持たなかったんです」(芸能関係者)

MEMO宮﨑あおい 1985年生まれ。4歳のときに子役デビュー。その後、「ピチレモン」(学研)のモデルとして、同世代の女子などから支持される一方、ロリコンのお兄さんたちからもアイドル視されてきた。

 宮﨑に押し切られた格好で入籍した2人だったが、いざ結婚生活のふたを開けてみると、高岡の彼女への献身ぶりは周囲をホッとさせた。

「"格差婚"を自覚していたんでしょうね。宮﨑のCM撮影現場に、高岡が車で送り届けることもありました。現場でも関係者に"宮﨑をお願いします"と挨拶するし、手土産まで持参するんですからね。ところが、入籍した年の10月に公開された映画『クローズZERO』に出演して評価を得て、さらに昨年のTBSドラマ『ROOKIES』への出演が決まると、様子がおかしくなったんです」(映画関係者)

0904_takaoka.jpg
地元千葉では、札付きのワルだったという噂も。
そういう男こそ、魅力的でいい役者になる!?
(オフィシャルHPより)

 もともとがヤンキー気質の高岡。名前が売れだすと、元来の我の強さを発揮、態度も変わり、宮﨑の目を盗んで、夜遊びが始まったとか。そんなとき、"金属バット撲殺事件"が起こった。

 この事件は、昨年3月に東京・西新宿の路上で会社員のKさんが、金属バットを持った集団に襲われ、撲殺されたいうもの。このKさんは不良グループのリーダー格だったのだが、高岡はその弟分だったことが発覚したのだ。

「2人とKさんが一緒に写っている写真がネットに流出し、Kさんとの関係も克明に書かれました。宮﨑は『篤姫』の視聴率が良く、女優としては大事なとき。万が一、二次被害に遭ってはと、ガードマンをつけて収録に挑んだという話があるほどです」

 一方、高岡も『ROOKIES』の放送スタート直前。もし、事件と関係があるということになれば降板は必至。幸い事件とは無関係ということが判明したが、「事務所としても、不良グループとそこまでの深い付き合いがあったことは知らなかった」(前出・映画関係者)ため、冷や汗を流したという。

 だが、こんなことがあろうとも宮﨑は高岡にベタ惚れだったようで、たとえば昨年9月には、広島のホテルでこんな旅行中の姿が目撃されている。

「2人は仲がいいというより、宮﨑が高岡に完全に頼りっきりという感じでしたよ。いわば、支配されているという感じでした」(テレビ関係者)

 ほかにも、宮﨑は完全に高岡に精神的な依存をしているという業界関係者も少なくない。「高岡が家に帰らなかろうが、女遊びをしようが、宮﨑は献身的に彼を待つというスタンスのようですよ」(芸能プロ関係者)

 篤姫よろしく波乱の新婚生活を送る宮﨑。彼女をここまで虜にする高岡の魅力ってなんなのか?  
(編集部)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』