サイゾーpremium  > 連載  > 佐々木俊尚のITインサイドレポート  > 電通の"裸踊り"が通じない!広告界で衰退...
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第9回

電通の"裸踊り"が通じない!広告界で衰退する元・強者たち

+お気に入りに追加
0901_it_ill.jpg
どんどん広告業界のメインストリームから押し出されてゆく大手代理店に、未来はあるのか?

 収益悪化が止まらないテレビ局と、ネットリテラシーが低いままの大手広告代理店。ネット広告への移行が劇的に進む中、両者は構造の変化についていくことができないでいる。テレビCMが息を吹き返すのに必要なものとは──?

 テレビ局がたいへんな状況になっている。

 民放キー局5社の今年の9月中間決算は軒並み悪化し、日本テレビは37年ぶり、テレビ東京は33年ぶりに赤字転落してしまった。放送業界の右肩上がりの成長がついに終わり始め、いまや各局とも、制作費の削減に必死になっている。

 放送業界で長年仕事をしてきたリサーチャーは、次のように打ち明ける。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年8月号

「茜子」のグラビア新境地

「茜子」のグラビア新境地

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ