サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 今だから明かす誕生秘話 マリオVSソニッ...
ニュース
両者の戦いにはロマンがあった(かも......)

今だから明かす誕生秘話 マリオVSソニック

+お気に入りに追加

──ソニーも松下電器もまだおとなしく家電だけをつくっていた平和な80年代、ゲーム産業を牽引していたのは任天堂とセガだった。彼らは自閉的だったゲーム産業を5000億円市場にまで育て上げた。ゲーム産業の二強といえば、任天堂とセガの名を思い浮かべる人は少なくない。

マリオのライバルは実はピカチュウ!?

 現在、マリオの最大のライバルは誰か? という質問に対して、任天堂の宮本茂は「うーん、ピカチュウかもしれない(笑)」と言って笑った。

 任天堂のマリオとセガ・エンタープライゼスのソニック・ザ・ヘッジホッグといえば、かつてはゲーム業界を代表する2大キャラクターとして並び称されていた。それは同時に当時のゲーム業界の勢力図の反映でもあり、つまりは任天堂とセガがしのぎを削っていた二強時代の象徴でもあったのだ。しかし、ソニーが覇権を握って久しい今では、その様相も大きく変わった。王者・任天堂に初めて土をつけた相手は往年のライバルのセガではなく、5兆円企業の先兵として突如現れたSCEI(ソニー・コンピュータエンタテインメント)のプレイステーションだった。そして、今年の3月に発表された通称『プレステ2』の仕様を見る限り、シェア争いという観点からは、SCEIの覇権は当分揺るぎそうにない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報