> 中森明菜の検索結果

中森明菜 の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

元恋人兼マネージャーが証言した歌姫の「ホテル大暴れ事件」…実録・中森明菜伝説<後編>

―― 年末が近づくと決まって出るのが中森明菜(52)の話題だった。「紅白に出る」「コンサートを開催」と言った話が主だったが、一昨年の「紅白」に米国のレコーディングスタジオから中継で出演したのを最後に、昨年か...

元恋人兼マネージャーが証言した歌姫の「ホテル大暴れ事件」…実録・中森明菜伝説<後編>
ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

歌姫のマネージャーにして恋人だった男の告白…実録・中森明菜伝説!!

―― 近年、所属タレントと事務所のトラブルが多い。タレントのローラは事務所との問題が解決せず、独立も棚上げになっている。

歌姫のマネージャーにして恋人だった男の告白…実録・中森明菜伝説!!
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

中森明菜、松田聖子——80年代の歌姫再ブームと“紅白に呼ばれた”理由

―― 紅白歌合戦に中森明菜が出場した。公の場から姿を消して4年経った今でも、中森明菜の歌は売れている。本人不在のまま歌が売れるケースは珍しい。過去を紐解けば、「結婚・引退」した山口百恵さん。夫の死後、芸能界...

中森明菜、松田聖子——80年代の歌姫再ブームと“紅白に呼ばれた”理由
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ 今昔物語

安室奈美恵に中森明菜……ベテラン芸能記者が回想する女性芸能人の独立と“男”への依存

――  先日、安室奈美恵が独立するというネタが週刊誌で報じられた。芸能人が長く所属した事務所から独立することは決して珍しいことではない。近年では小林幸子。その独立の仕方を巡って女性スタッフと長期に渡り揉めて...

安室奈美恵に中森明菜……ベテラン芸能記者が回想する女性芸能人の独立と“男”への依存
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

中森明菜の結婚報道は誤報か? スポーツ新聞による元旦スクープの作り方とその信憑性

――  元旦は毎年、スポーツ紙のスクープ合戦が展開される。「週刊誌が年末発売の合併号でお休み。日頃は週刊誌発のスクープ記事に頼る傾向の強いスポーツ紙にとって腕を試される期間だけに力が入る」(スポーツ紙記者)...

中森明菜の結婚報道は誤報か? スポーツ新聞による元旦スクープの作り方とその信憑性
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・三杉 武の「実話誌」ゴシップ大賞【3】

「北川景子の性器の具合を知ってるか?」 人気女優のハメ撮り写真流出のウソ・ホント

――  毎年この時期になると話題になるのが暮れに発表される「流行語大賞」。今年は、予備校教師・林修氏の「今でしょ!」やTBS系ドラマ『半沢直樹』の「倍返し」、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の「じぇじ...

「北川景子の性器の具合を知ってるか?」 人気女優のハメ撮り写真流出のウソ・ホント
ニュース
【premium限定連載】芸能評論家・二田一比古の芸能ゴシップ今昔物語

中森明菜の命運――今だから語れる近藤真彦との“本当の”関係と破局会見の真相

――  "半年も表舞台に出ないとすぐ忘れられる"というのが定説の芸能界。だが、休業して2年7カ月も経つも、今だに忘れられることがない歌手、それが中森明菜である。先日、TBSの名物番組だった『ザ・ベストテン』...

中森明菜の命運――今だから語れる近藤真彦との“本当の”関係と破局会見の真相
第1特集
芸能関係者が語る「あの暴露本の裏側」【2】

昭和の歌姫から事故物件まで――出せばドル箱? 出版が噂される芸能人暴露本リスト

―― 現在、出版業界が最も注目しているタレントといえば、真っ先に名前が挙がるのが高嶋政伸と泥沼の離婚訴訟を繰り広げている美元だろう。

昭和の歌姫から事故物件まで――出せばドル箱? 出版が噂される芸能人暴露本リスト
第1特集
アスリートと闇社会の不健全なカンケイ【2】

スポーツ界で暗躍するグレーな存在──西武のエースや北島康介に食い込む男の履歴書

―― ――もともとは暴力団組員という経歴がマスコミに報じられたKという人物。 「PRI...

スポーツ界で暗躍するグレーな存在──西武のエースや北島康介に食い込む男の履歴書
連載
念力事報 第30回

中森明菜が芸能活動休止を発表  紆余屈曲の半生を振り返る

―― ──短歌と写真が奏でる「新しい報道」のカタチ ↑画像をクリックすると拡大します。...

中森明菜が芸能活動休止を発表  紆余屈曲の半生を振り返る
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』