サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 関ジャニ∞・大倉忠義の“火遊びベッド”報道が吉高由里子に飛び火! ネット上は「早漏祭り」に……
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

大倉忠義の“火遊びベッド”報道が吉高由里子に飛び火! ネット上は「早漏祭り」に……

+お気に入りに追加

1809_okura.jpg

 ネット上では関ジャニ∞・大倉忠義の「プレイ時間」に対するコメントが面白おかしく連打されているようだ。

 9月11日発売の写真週刊誌「FLASH」(光文社)が、名古屋の美人ホステスをお持ち帰りした大倉の「火遊びベッド」をスクープ。記事では、20代後半のホステス・A子さんの知人を名乗る女性が大倉の“ワンナイトラブ”を赤裸々に暴露している。

「7月下旬、大倉はA子さんが勤めるクラブに来店し、『すっごい俺が好きなタイプ』と口説いてきたそうです。関ジャニファンだったA子さんも、彼に誘われるがまま2件目のカラオケに同行。お開きなった後、大倉の宿泊しているホテルでコトに及んだといいます」(芸能記者)

 女性は朝まで一睡もできず、“ベッド写真”を撮影。翌朝、目を覚ました大倉は女性と目も合わせず、“早く帰ってほしい”という感じを出していたという。そんな中、話題を呼んでいるのが、「大倉くんは10分足らずで果てて、そのまま眠っちゃった」という記述だ。ネット上では大倉の“早漏祭り”が開催され、それがあの女優にまで飛び火しているという。芸能ライターが言う。

「大倉は2016年に吉高由里子との熱愛が発覚。現在も交際は順調のようです。吉高といえば、過去にヌードを披露しており、プライベートや撮影現場などでも下ネタ好きな素顔が何度も報じられていることから、“性豪”イメージが持たれています。そのため、ネット上では『10分で吉高を満足させられるのか!?』『吉高は時間よりも回数派?』『早いけどテクはあるってこと?』など、本人たちには余計なお世話でしかない妄想をしている人もいるようですね(笑)」

 吉高は現在、ハリセンボン・近藤春菜と海外旅行中の模様。彼氏の“火遊び”を知り、どんな態度を見せるのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』