>   >   > 日本大学だけじゃない!【1】/なぜヤバい【大学】は生まれるのか?

――学生ではなく、理事長、学長、部活動の監督、教授など、大学運営者による不祥事が相次いでいる。これだけ事件が続くのも珍しいが、そもそも大学の組織構造は多くの問題点を抱えているという。どういうことだろうか?そこで、個々の事例を分析しながら、大学が不祥事を引き起こしやすい理由について考察していく。

1809_daigaku_54_2_300.jpg
「日本大学の歴史」というページで紹介される田中英壽理事長。

 大学での問題に対する報道が続いている――昨年から続くモリカケ問題の加計学園、5月の日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題から端を発した田中英壽理事長の独裁政治の実態、6月の早稲田大学の名物教授のセクハラ騒動、そして、東京医科大学では7月に文科省役人の息子の裏口入学と、8月には女子受験者と3浪以上男子の合格者数の抑制が発覚した。

 これらは通常の感覚では理解しがたいものばかりだが、本稿では、大学という場所がなぜ、こうしたにわかには信じがたいような不祥事を引き起こしてしまうのかを、大学が抱える構造的な問題などの観点から分析していきたい。

2600億円稼ぐのに教育施設はズタボロ!?

「最近発生した大学の不祥事はパターン別に【1】組織の体質、【2】意識の問題、【3】国の干渉に対する副作用の3つに分けられます」

 そう語るのは、大学経営コンサルタントの岩田雅明氏。

「日大は当然、【1】組織ですよね。大学の閉鎖性が長期間の権力維持を可能にしていたため、やりたい放題やっても大丈夫という甘えがあった。早稲田の場合はセクハラやパワハラが明るみに出たということなので、組織的な隠蔽という見方よりも、【2】個々の意識の問題。そして、東京医大と加計学園の場合は、【3】政府の大学への干渉が強くなってきた反作用という感じもします。一時は文科省も大学や学部新設の規制を緩和し、適切な競争環境の中で淘汰させていましたが、最近は23区内での学部新設を禁じたりと規制を強めています。補助金も国の政策に沿った大学に対して多めに配分する方向となり、大学の経営に対する干渉が強くなっています。そのため、官僚の子女の裏口入学や大学への天下りが発生しているんですよね」(同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』