>   >   > 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
連載
クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第53回

【クロサカタツヤ×宍戸常寿】漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさを当代一の憲法学者に聞く

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

1806_P098-101_graph001_520.jpg
●罪種別の被害児童数の推移(SNS)
出典:「平成29年におけるSNS等に起因する被害児童の現状と対策について」(警察庁)

――「ブロッキング」と聞いてもなんのことやらという読者も、「漫画村」なら知ってるはず。ここ数カ月にわたり世間を騒がせていたマンガやアニメの海賊版サイトの問題。しびれを切らした出版社の働きかけで政府も対策を打ち出した。ところが今度はその対応策「ブロッキング」に法律家や通信事業者が猛反対。「漫画村」に端を発した「ブロッキング」と「著作権」と「通信の秘密」のこんがらがった議論を、当代一の憲法学者に解きほぐしてもらおう。

クロサカ 今年4月に政府が、マンガやアニメなどの海賊版サイトにスマホやPCから接続できなくする「ブロッキング」をインターネットサービスプロバイダー(ISP)に要請すると明らかにしました。これを受けてNTTグループが、その実施を発表する事態になっています。そもそも何が問題なのかを読者と一緒に改めて考えてみるべく、情報通信分野に詳しい憲法学者の宍戸常寿先生をお招きしました。

宍戸 海賊版サイトのブロッキングには、いくつか問題があります。インターネット上にある違法または有害なサイトによって、プライバシーや著作権が侵害され、不利益を被っている人がいる。これは私も問題だと思います。ただ、そのような違法有害サイトへのアクセスを遮断するためには、「通信の秘密」という問題をクリアしなければならない。今回のブロッキングは、その問題を十分に検討せずに「臨時的かつ緊急的な措置」として、法律の根拠がないまま実施しようとしている。だから私たち法律家や通信事業者が強く反対しているんです。

クロサカ 海賊版サイトへの対抗措置としてブロッキングは、実効性や遵法性を棚に上げれば、技術的にはひとつの方法ではあります。しかし、政府や権利者側が「ブロッキングであらねばならぬ」と議論を組み立てているように見えました。本当にほかの手段も吟味したんでしょうか。

宍戸 海賊版サイトは広告で利益を上げていたので、そうした広告を規制したり、サイト運営者を刑事罰で処罰したりするなど、いくつもほかの手段は考えられます。実は、ブロッキングについては先例があって、2009年頃から児童ポルノサイトへのブロッキングが検討され、11年から実施されています。この時も法律家や通信事業者、ユーザ代表を巻き込んで詳細な議論が行われました。その頃からコンテンツの権利者サイドに、著作権侵害サイトもブロッキングできないかと考える人たちがいたようです。

クロサカ そうだったのか。最近になって突然出てきたわけじゃなかったんですね。

宍戸 どちらも違法なコンテンツを掲載するサイトを見られなくする点では同じ。ただ、政府や私たちが児童ポルノのブロッキングについて法的に整理した当時から、著作権侵害のブロッキングは難しいということも見えていたんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年9月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【中国】が目指す究極のディストピア
    • 【韓国人になりたい若者】と美容整形
    • 【オウム真理教】が利用したドラッグ
    • Kダブが語る【愛国ソング】の是非
    • なぜヤバい【大学】は生まれるのか?
    • 危険な【大学図鑑】2018
    • ヤバい【配信ドキュメンタリー】
    • すぐ見られる【ドキュメンタリー】12選
    • 【ジェントリフィケーション】の功罪
    • 【豪雨災害】の裏にある宅地開発
    • 【スピリチュアル】業界の最新事情
    • 流行りの【子宮系】ってなんだ?
    • 衰退する【宗教】にすがる政治家のなぜ
    • 【葬儀ビズ】と首都開教
    • 学問としての【心霊とオカルト】
    • 暴かれた【暴力団】最大のタブー
    • 減少する全国の【暴力団】

美人YouTuber"配信不可"グラビア

美人YouTuber
    • 【うなぎひまわり】禁断の着衣とは?

NEWS SOURCE

    • 活発化する【公安調査庁】のお粗末さ
    • メディアが黙殺した【タモリ】タブー
    • 【小室哲哉】不倫騒動のその後

インタビュー

    • 【湯川ひな】演技に目覚めた17歳
    • 【男劇団青山表参道X】イケメン戦国時代に殴り込み
    • 【なでしこ寿司】女人禁制の世界に波風を立てる

連載

    • 【小倉優香】基本的に不摂生なんです。
    • 【永尾まりや】自然体美女の夏の予定
    • 【朋ちゃん】を慰めるやつはもういない
    • 日本のテレビ局は韓国を見習うべき
    • 高須基仁の「全摘」
    • EZ DO【BON】DANCE爆誕
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジェイ・パーク】「元2PM」の看板も今は昔
    • 町山智浩/『ソーリー・トゥ・バザー・ユー』労働SFが描く暗黒郷
    • 【新聞社】が抱える病巣と復活への道
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/殺人猛暑2018
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【未来のミライ】酷評から見える、相互理解の絶対的難しさ
    • ロリータの写真を撮るメキシコ人カメラマン
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 映画の世界から【ビール】道へ
    • 幽霊、草食系十字軍と不能者の憎悪。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』