サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【16】/俺と〈伝説のラッパーたち〉との交遊録

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1805_ASH_PH_05_520.jpg

 1980年代中期、グラフィティを描いていた高校生の俺は、母親がデザイナーだったことも影響して、そのグラフィティを落とし込んだTシャツを作ることにした。そこからアパレルブランド〈Conart(コナート)〉をスタートさせた。以前も語ったが、アメリカでの業績も右肩上がりだったから、90年代には日本での流通も決まり、たくさんのヒップホップ・アーティストとビジネスで絡むようになった。ダウンタウンLAにアートスタジオを兼ねた1500平米の事務所を構え、すべての壁をグラフィティで埋め尽くしたスタジオには、ロサンゼルスはもちろん、ニューヨークのラッパーたちも遊びに来た。

 その頃から一眼レフで写真を撮り始めて、90年代を代表する伝説的なラッパーたちにコナートのウェアを着てもらい、スタジオでたくさんのフォトシューティングを行った。中でも印象的だったのが、亡くなってしまったザ・ノトーリアス・B.I.G.、ギャングスターのグールー、ウータン・クランのオール・ダーティ・バスタードの3人。ビギーは97年3月9日、ロスで銃弾に倒れてしまったんだが、実はその日の早い時間、彼はスタジオに来ていた。コナートの新しい服をピックアップして、夜に自分が行くパーティへ俺を招待してくれて事務所を出た。そのパーティの帰り、彼は何者かに銃で撃たれてしまった。本当に残念でならない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』