>   >   > アジア人ラッパーをバズらせる【88rising】

――「88rising」というYouTubeチャンネルを知っているだろうか? 今、そこから配信されるラッパーをはじめとしたアジア人アーティストのMVが世界的にバズり、彼らはアメリカの音楽市場で続々と成功を収めている。このメディアの実態を、LA在住の音楽ライターであるバルーチャ・ハシム廣太郎がレポート!

1805_P064-067_01_300.jpg
リッチ・ブライアンのMV「Chaos」より。この出で立ちだけど、ラップはクール!

 アメリカのエンターテインメント業界では、まだ人種差別が根強いことは明白だ。2016年のアカデミー賞でノミネートされた俳優が全員白人だったため、数々の著名なアフリカ系アメリカ人の監督や役者がボイコットする騒動が起きたのは記憶に新しい。また、日本のアニメ映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)を実写化したハリウッド映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(17年)では、アニメ版で日本人だった主人公を白人のスカーレット・ヨハンソンが演じ、いわゆる“ホワイトウォッシング”問題が巻き起こった。このように、マイノリティがいまだに平等に扱われていないアメリカで、アジア人はさまざまなステレオタイプと戦わなければいけない。

 そんな状況下、アジアン・カルチャーとヒップホップを融合させ、設立から数年で世界から注目を浴びるようになったのが、88risingというメディア制作会社だ。ニューヨーク(NY)、ロサンジェルス(LA)、上海にオフィスを構える同社のYouTubeチャンネルは、500時間以上の動画を公開し、約160万人の登録者数を誇る。その内容は、ミュージック・ビデオ(MV)から、日本のストリート・ファッションについてのショート・ドキュメンタリー、有名アーティストが仲間とカラオケをしてフザけている動画まで多様。ただ88risingは、こうしたビデオ制作のみならず、アーティストのマネジメント業務やレーベル運営なども行う。そんな会社を15年に創立したのが、韓国人と日本人のハーフで、サンフランシスコ・ベイエリア出身のショーン・ミヤシロだ。以前は、刺激的なカルチャーのドキュメンタリー動画などを配信するメディア会社VICEの、エレクトロニック・ミュージック・プラットフォーム「Thump」の立ち上げにかかわっていたという彼は、 「オレがVICEでやっていたようなことを、アジアン・カルチャーのためにやりたいと思ったんだ」(「Pitchfork」 17年6月8日付)と述べている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』