>   >   > 高須基仁の「全摘」/冬季五輪に青ヶ島特区構想を思う!
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」No.69

名も知れない町の子が大活躍した冬季五輪に青ヶ島特区構想を思う!

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1804_takasu201804_230.jpg
魅力がある青ヶ島だが、島にアクセスする方法が非常に限られている。ヘリポートを広げるという提案も出ているが、議会が許さない。村長と会って直接話したが、人口や観光客を増やすことなど何も考えていないようだ。

 平昌オリンピックを見ていてしみじみ思った。東京主導ではなく、長野県と北海道の名も知れない町の出身選手たちが活躍している点がおもしろい。冬季オリンピックは東京ではありえない。日本は狭いようで南北に長い国だとしみじみ思った。

 私はオリンピックは大嫌いだ。なんでもかんでもオリンピックにかこつけてヨイショしているところが大嫌い。しかも、マークからロゴタイプからすべてカネ。JOCにカネを払わないと五輪のマークを付けた壮行会も祝勝会も開いてはいけないのだと聞いた。「おめでとう」と祝うにもカネを取る。おかしな話だ。本当に心底大っ嫌いなオリンピック。だが、平昌は意外とよかった。

 2月18日、伊豆諸島の青ヶ島に行った。人口約160人、約100世帯。日本一人口が少ない村だ。絶海の孤島で、島の周囲がすべて断崖絶壁。港はあるが冬は波が高くて近寄ることができず、欠航も多い。ひどいときは週に1回ほどしか船は来ない。ヘリポートはあるが、1日1本のヘリコプターは乗客定員9人。都内から青ヶ島に行くには、まず八丈島まで行き、そこから船かヘリで行くしかないのだが、八丈島行きの全日空と連携していないので、少しでも八丈島到着が遅れると青ヶ島行きのヘリに乗ることができない。まるで鎖国しているようだ。

 噴火口があり、それを囲むように外輪山があって内側には『ジュラシック・パーク』のような亜熱帯の景色が広がっている。驚いたのは、バックパッカーらしき女の子がひとりぼっちでテントを張っていること。夜になると真っ暗になるが、地熱があるためあたたかく、噴気孔に魚や根菜、タマゴを置いておけば自然に加熱されて食べられるので不自由はないという。

 そんな青ヶ島を私が訪れたのは平昌オリンピックの真っ最中だったが、この島でオリンピックよりも話題になっていたのは、村議会の副議長と小学校の副校長の奥さんとのウワサ。副議長に確認したところ、「高須さん、何言ってるんだ。違うよ。温室の花の栽培をアルバイトで手伝ってもらっている」と言う。真相はよくわからない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』