サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミの裏側

男女がまぐわう性描写をはじめ、人生の転落、復讐劇、育児ノイローゼ、嫁姑問題――。世の女性たちが決して表に出さず、内側に潜ませている怒りや欲望、そして闇をリアルに描き出すレディースコミック。本稿ではレディコミの女帝こと井出智香恵に泣く子も黙る鬼畜エピソードを聞きながら、歴史と変遷を追ってみよう。

1802_SUB_02_1228_008_520.jpg
(写真/西木義和)

 冷たい風が舞う師走の京都。今回のマンガ特集で取材に応じたのは、1989年から「週刊女性」(主婦と生活社)にて連載がスタートし、日本の家庭に根深く残る“嫁姑問題”をリアルにえぐったマンガ『羅刹の家』の作者である井出智香恵。嫁姑問題はもちろん、女性同士の諍い、出産や育児、そして浮気や不倫のセックスなど、世の日本女性が抱える悩みや欲望をつまびらかに描いてきたことで、いつしか彼女はレディコミ界の女帝として名を轟かせる。

 そもそもレディコミとは何か――正式名称は〈レディースコミック〉で、その名称の通り、女性向けマンガのジャンルのひとつ。不倫や浮気の過激な性描写、嫁と姑の確執、さらには隣人&ご近所トラブルなど、作者の経験や読者からの投稿を元に作られている。男性にはなじみの薄いジャンルかもしれないが、コンビニの雑誌コーナーで「嫁姑最終バトル! 私は姑を殺すことにした!」「不倫からの転落劇~略奪愛の末路~」といった見出しの付いた本を目にしたことはないだろうか。もしくは、年の離れた姉や、早熟な妹がこっそり部屋で読んでいたり、あるいはワイドショーが大好きな母親が新聞と新聞の間に挟んで、シレッと古紙回収に出していた、なんてシーンを目撃した読者もいるかもしれない。

 井出智香恵は、そんなレディコミ界で、先述『羅刹の家』をはじめ、『女監察医』や『SEXセラピスト 氷川京介』(共に芳文社)などの代表作を持ち、今なお現役でトップをひた走っている。これまでに手がけたマンガのタイトルは間もなく1000に届く勢いで、総ページ数は約7万ページに及ぶ。

 今年、齢70を迎える彼女は言う。「年齢は自分で支配できない数字。その時代に生まれたことには、きちんとした意味があるの。だから、私は年齢を恥じない。ただし、心だけは若くありたいけどね。そうじゃないと、面白いマンガなんて、描けないから。それとね、女は年齢を重ねるに連れ、自分を慰める場所が少なくなっていくの。レディコミは、いちジャンルとして日本の文化として残り、これからもそんな女性の気持ちを慰めてくれる役割を果たしていくと思うわ」――女帝が描いてきた女の汚行が、逆に女の心にできた隙間を埋める役割となろうとは、まさに女心と秋の空といったところか。

 約50年、マンガ家として活動してきた女帝に、長きレディコミの歴史と変遷を聞きながら、彼女が描いてきた数々のタブーなエピソードを聞いてみた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画
    • 【ライブ配信】儲けのカラクリ
    • 【本田翼】もハマるゲーム実況
    • 決定!2018年【邦画ラジー賞】
    • 【アジア系】が逆襲するハリウッド
    • 注目のハリウッド【アジア系俳優】
    • 【片山萌美】ショーガールグラビア
    • 俳優に責任を問う【報道の愚行】
    • 【自主制作映画】の現場からの悲鳴
    • 【小川紗良×堀田真由】映画大討論会
    • Netflix産【ヒップホップ映像】の社会性
    • 傑作【ヒップホップ】動画10選
    • 【ネトフリ×ヒップホップ】作品レビュー
    • 映画・ドラマ【サントラ】の裏事情
    • ネトフリの【麻薬ドラマ】のリアル度
    • 奇想天外【アフリカ】の忍者映画
    • 世界は【忍者】をどう描いたか?
    • 【深夜アニメの劇場版】が儲かる不思議
    • 劇場版アニメに見る【ポストジブリ】争い
    • 【ジャニーズ】がキラキラ映画で失敗する理由
    • 意外と面白い【キラキラ映画】レビュー
    • 【中東情勢の今】がわかる映画
    • 【芸能プロ】に映画監督が所属する理由

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

NEWS SOURCE

    • タッキーも初出場?【紅白&レコ大】芸能行政
    • 【佐伯泰英】がご乱心?作家と遺産問題
    • 【電力自由化】後の不公平な業界構造

インタビュー

    • 【奥山かずさ】ニチアサで躍進した女優の未来
    • 【TENG GANG STARR】新鋭の男女ユニットラッパー
    • 【ガリットチュウ福島】モノマネ芸人、写真集までの歩み

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』