>   >   > 元モー娘。新垣里沙が離婚で蒸し返される“2つの黒歴史”「コネ垣事件」と「田中れいなとの確執」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

元モー娘。新垣里沙が離婚で蒸し返される“2つの黒歴史”「コネ垣事件」と「田中れいなとの確執」

+お気に入りに追加
1801_nigaki.jpg『新垣里沙 モーニング娘。ラスト写真集 『 ASCENSION 』』(ワニブックス)

“ガキさん”の愛称で親しまれるモーニング娘。の7代目リーダー新垣里沙が、16年に結婚した舞台俳優の小谷嘉一と離婚したことを1月5日に発表した。

「昨年3月のハワイでの挙式から1年も経っていないので驚きました。それまではインスタグラムでも小谷とのツーショット写真を頻繁に公開してラブラブぶりをアピールしていましたが、昨年11月に新たに作成されたアカウントには小谷の姿はありませんでした。小谷が以前テレビ出演した際に、『今どこにいるか行動を逐一連絡する』『喧嘩をしてもメールの文面に必ずハートを入れる』など、細かい夫婦のルールがあることを明かしていましたから、それが息苦しくなったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

 今回の離婚はネットニュースなどでも注目を浴びたが、新垣といえば代名詞的な“2つの黒歴史”が存在する。その1つが「コネ垣事件」だ。

「新垣が加入した5期のオーデイションの特番で、まだ合格してもいない彼女が出演するCMが放送されたのです。番組スポンサーのCMに出演した候補者がそのまま合格するという不自然さからコネ疑惑が噴出。新垣を含めた新メンバーのお披露目ライブでは“コネ垣コール”が巻き起こりました」(アイドル誌編集者)

 そしてもう1つが、6期生の田中れいなとの確執だ。

「お互いのブログにまったく相手の写真が載っていなかったり、新垣の誕生日に田中だけプレゼントを贈っていなかったり、番組の企画の中で新垣が田中にだけプレゼントを買おうとしなかったことから不仲説が取り沙汰されました。田中自身も新垣の卒業セレモニーで、新垣とギクシャクしていたことを告白しています」(同)

 その後、「和解」が報じられた2人だが、実はこんな後日談があった。舞台関係者が明かす。

「田中は新垣の元夫の小谷と16年に舞台で共演しているんです。その際、小谷がよほどKYなのか、新垣が田中の悪口を言っていることを本人に向かってアケスケに語っていたそうで、田中はかなりショックを受けていそうです」

 昨今、バラエティ番組ではタレントの暴露トークが増えているが、新垣も「離婚の真相」や「田中との不仲話」での出演オファーが殺到するかも?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』