サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【52】/【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【52】

【フレンチ・モンタナ】アラブなのにフレンチ!? モロッコ系最強ラッパー

+お気に入りに追加

『Jungle Rules』

【フレンチ・モンタナ】アラブなのにフレンチ!?モロッコ系最強ラッパーの画像1

フレンチ・モンタナ(販売元:EPIC)

現在話題の「A Lie」はウィーケンドをフィーチャー。エチオピア系カナダ人がモロッコ系アメリカ人の曲で「マイ・ニガズ」と歌う……時代は変わっていくのだな。今どき珍しいほどビデオに金がかかっていることにも感心。スワエ・リーがサビを歌う「Unforgettable」のビデオはウガンダで撮影されたもの。これにも感心。


 20年以上前だが、UKレゲエ界にアパッチ・インディアンという人気DJ(ラッパー)がいた。「Make Way For The Indian」という曲には、あの「Fuck Compton」でおなじみのティム・ドッグが参加。ああ、東西抗争も遠くなりにけり……と物思いにふける、2パック映画の字幕監修者(それは私)。

 さて、アパッチ・インディアン。こんな名前だが、ネイティブ・アメリカンのアパッチ民族の血は一滴も引いておらず、実際にはインド系(さすがUK)。「インド系=インディアン」「インディアンといえばアパッチ」という連想からのシャレ芸名なのだ。

 今回の連載で取り上げる主人公も、それに近い民族詐称系ラッパー名が印象的な男である。

 さて、以前の本稿でも触れた通り、ヴィン・ディーゼル信奉者の私にとって、今年のベスト映画は『トリプルX:再起動』に決まっている。『ワイルド・スピード』ほどではないが、同作は音楽も良かった。特に主題歌「In My Foreign」だ。アーティスト名義はジ・アメリカーノズだが、実際の主役はラッパー4人だ。そのメンバーに含まれているのが、今をときめくフレンチ・モンタナである。

 フレンチ・モンタナ――「後半モンタナ」の起源は映画『スカーフェイス』のトニー・モンタナなのか? そこはいいとして、問題は「フレンチ」の部分だ。先に参考例として挙げたアパッチ・インディアンがアパッチでもアメリカ先住民でもないのと同様に、フレンチ・モンタナはフランス人ではないのだから。

 その正体はモロッコ系アメリカ人。民族でいえばアラブだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年1月号

禁断のマンガ大全

禁断のマンガ大全
    • 現役【マンガ編集者】座談会
    • 残虐化【ヤンキーマンガ】新潮流
    • 【今日から俺は!!】トンデモVシネマ
    • 【マーベル】スタン・リーの光と影
    • 【スタン・リー】と日本の関係
    • 万歳!【愛国/排外】マンガの変遷
    • マンガ【艦隊シリーズ】の歴史修正
    • 【さくらももこ】の死生観
    • 【セックスフラペチーノ】コジコジ愛
    • マンガの【ヒップホップ】描写
    • この【中東マンガ】がアツい!2018
    • 間違いだらけの【中東描写】
    • 急成長を遂げる【海外マンガ】
    • 【アルジェリア】のマンガ
    • いま、【歴史学習まんが】が面白い
    • 【伝記まんが】の流行はアノ人!
    • 【福祉問題】を知るマンガ11選
    • 【都条例】に狙われるBLの中身
    • この【不健全BL】がやばい!
    • マンガ家【超高齢化】の哀楽

Fカップ平嶋夏海、罪で"H"なマンガ

Fカップ平嶋夏海、罪で
    • 【平嶋夏海】元AKB大胆セクシー

NEWS SOURCE

    • 内部告発が噴出【エイベックス】
    • 【みずほ銀行】の負の遺産
    • 【リーディングミュージアム】の顛末

インタビュー

    • 【岡田結実】母から教わった家庭内ルール
    • 【折坂悠太】平成最後の傑物が平成を歌う
    • 【祭nine.】ボイメン弟分が芸能界の荒波に挑む

連載

    • 【岸明日香】陰キャなんです。
    • 【山崎真実】お歳暮のハムになる
    • 【恭子】のキスを数えましょう
    • 【AIとブロックチェーン】が「個人の時代」を実現!?
    • 【貴乃花】が政界進出へ足固め?
    • イッテQの【祭りの捏造】は悪か?
    • 中国から【現金を消滅】させた企業の正体
    • EDM教祖は極左翼!越境しまくる【アオキさん】
    • 町山智浩/『グリーンブック』
    • 【北方領土問題】と日露の思惑
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/He is gone.
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【椎名林檎】いつまでもメンヘラ女に夢を見るな
    • スラッシュの息子がバンド結成!「クラスレス・アクト」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【野生酵母】でビールを造る伝説のパン屋さん
    • 【ポルノ雑誌】と呼ばれても…
    • 幽霊、美少女たちの箱庭と4コマ史。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』