>   >   > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【52】/【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【52】

【フレンチ・モンタナ】アラブなのにフレンチ!? モロッコ系最強ラッパー

+お気に入りに追加

『Jungle Rules』

【フレンチ・モンタナ】アラブなのにフレンチ!?モロッコ系最強ラッパーの画像1

フレンチ・モンタナ(販売元:EPIC)

現在話題の「A Lie」はウィーケンドをフィーチャー。エチオピア系カナダ人がモロッコ系アメリカ人の曲で「マイ・ニガズ」と歌う……時代は変わっていくのだな。今どき珍しいほどビデオに金がかかっていることにも感心。スワエ・リーがサビを歌う「Unforgettable」のビデオはウガンダで撮影されたもの。これにも感心。


 20年以上前だが、UKレゲエ界にアパッチ・インディアンという人気DJ(ラッパー)がいた。「Make Way For The Indian」という曲には、あの「Fuck Compton」でおなじみのティム・ドッグが参加。ああ、東西抗争も遠くなりにけり……と物思いにふける、2パック映画の字幕監修者(それは私)。

 さて、アパッチ・インディアン。こんな名前だが、ネイティブ・アメリカンのアパッチ民族の血は一滴も引いておらず、実際にはインド系(さすがUK)。「インド系=インディアン」「インディアンといえばアパッチ」という連想からのシャレ芸名なのだ。

 今回の連載で取り上げる主人公も、それに近い民族詐称系ラッパー名が印象的な男である。

 さて、以前の本稿でも触れた通り、ヴィン・ディーゼル信奉者の私にとって、今年のベスト映画は『トリプルX:再起動』に決まっている。『ワイルド・スピード』ほどではないが、同作は音楽も良かった。特に主題歌「In My Foreign」だ。アーティスト名義はジ・アメリカーノズだが、実際の主役はラッパー4人だ。そのメンバーに含まれているのが、今をときめくフレンチ・モンタナである。

 フレンチ・モンタナ――「後半モンタナ」の起源は映画『スカーフェイス』のトニー・モンタナなのか? そこはいいとして、問題は「フレンチ」の部分だ。先に参考例として挙げたアパッチ・インディアンがアパッチでもアメリカ先住民でもないのと同様に、フレンチ・モンタナはフランス人ではないのだから。

 その正体はモロッコ系アメリカ人。民族でいえばアラブだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』