>   >   > 「ファンキー・ホモ・サピエンス」【52】/【フレンチ・モンタナ】モロッコ系最強ラッパー
連載
「ファンキー・ホモ・サピエンス」【52】

【フレンチ・モンタナ】アラブなのにフレンチ!? モロッコ系最強ラッパー

+お気に入りに追加

『Jungle Rules』

【フレンチ・モンタナ】アラブなのにフレンチ!?モロッコ系最強ラッパーの画像1

フレンチ・モンタナ(販売元:EPIC)

現在話題の「A Lie」はウィーケンドをフィーチャー。エチオピア系カナダ人がモロッコ系アメリカ人の曲で「マイ・ニガズ」と歌う……時代は変わっていくのだな。今どき珍しいほどビデオに金がかかっていることにも感心。スワエ・リーがサビを歌う「Unforgettable」のビデオはウガンダで撮影されたもの。これにも感心。


 20年以上前だが、UKレゲエ界にアパッチ・インディアンという人気DJ(ラッパー)がいた。「Make Way For The Indian」という曲には、あの「Fuck Compton」でおなじみのティム・ドッグが参加。ああ、東西抗争も遠くなりにけり……と物思いにふける、2パック映画の字幕監修者(それは私)。

 さて、アパッチ・インディアン。こんな名前だが、ネイティブ・アメリカンのアパッチ民族の血は一滴も引いておらず、実際にはインド系(さすがUK)。「インド系=インディアン」「インディアンといえばアパッチ」という連想からのシャレ芸名なのだ。

 今回の連載で取り上げる主人公も、それに近い民族詐称系ラッパー名が印象的な男である。

 さて、以前の本稿でも触れた通り、ヴィン・ディーゼル信奉者の私にとって、今年のベスト映画は『トリプルX:再起動』に決まっている。『ワイルド・スピード』ほどではないが、同作は音楽も良かった。特に主題歌「In My Foreign」だ。アーティスト名義はジ・アメリカーノズだが、実際の主役はラッパー4人だ。そのメンバーに含まれているのが、今をときめくフレンチ・モンタナである。

 フレンチ・モンタナ――「後半モンタナ」の起源は映画『スカーフェイス』のトニー・モンタナなのか? そこはいいとして、問題は「フレンチ」の部分だ。先に参考例として挙げたアパッチ・インディアンがアパッチでもアメリカ先住民でもないのと同様に、フレンチ・モンタナはフランス人ではないのだから。

 その正体はモロッコ系アメリカ人。民族でいえばアラブだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    • 【ロリ巨乳】再燃?グラビア座談会
    • 【韓国】グラビア雑誌(裏)事情
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側
    • 業界を変えた【グラドル】とは一体誰だ?
    声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【武内おと】いじめっ子役で覚醒した女優
    • 【Hideyoshi】大化けしたエモ・ラップの旗手
    • 【渋江譲二】元仮面ライダーがAVソムリエへ

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』