>   >   > 学者が分析【エロ動画】閲覧の代償
第1特集
個人情報漏洩のお値段は?

個人情報漏洩のお値段は気持ち次第!?――気鋭の学者が分析!アダルト動画閲覧の代償

+お気に入りに追加

――例えばアダルト動画の閲覧履歴だけは、絶対に人に知られたくないのが人の性というもの。だがしかし、ネットを利用していれば個人情報の流出は、避けられないものでもある。そうしたときの賠償金はどれくらいになるのだろうか?本稿では、気鋭の情報経済学者・高口鉄平氏が、インターネットを利用していて、自分の個人情報が漏えいした場合、どのくらいの賠償金が要求されるのかなどをテーマに分析・解説する――。

1710_P080-081_P1_230.jpg
ちょっと検索すれば簡単に、過激なアダルト動画配信サイトが見つかってしまうが……。

 私はこれまで、パーソナルデータの経済価値について研究してきた。その中で、パーソナルデータが私たちに新たなサービスを通じた価値をもたらしたり、経済行動に影響を与えたりすることがわかってきた。

 一方で、パーソナルデータが価値を持ち、活用されることが、必ずしもいいこと「だけ」ではない。私たちのパーソナルデータが活用されるということは、みずからの「プライバシー」に関する懸念を増やす可能性があるということでもあるからだ。

 インターネットサービスではとくにそうだが、私たちは、サービスを提供する企業(サイト)に多くのパーソナルデータを登録、提供する。企業は私たちから収集したパーソナルデータを利用してビジネスに使うわけだが、何でも好き勝手に使えるというわけではない。そもそも、個人情報保護法によってその扱いが決められているのだ。また、通常、企業は収集したパーソナルデータの使い方を「プライバシーポリシー」として定めており、私たちがそれに同意した上で、そのポリシーの範囲内で企業が扱うことになる(まあ、みなさんも経験があるかもしれないが、多くの人がこの「プライバシーポリシー」を読み飛ばして「同意する」にポチっとチェックを入れてしまっているという問題もある)。

 しかしながら、個人情報保護法やプライバシーポリシーが機能しているとしても、それで万事解決、というわけではない。残念ながら、個人情報の「漏えい」は起こってしまうのだ。そして、今のところそれが無くなる気配はない。話題になったケースとしては、「進研ゼミ」などを運営するベネッセが2014年に漏えいした件が挙げられるだろう。

 では、企業が個人情報を漏えいするとどうなるか。もちろん、被害者はたまったものではない。というわけで、多くの場合、被害者に対して「お詫び」が渡される。この「お詫び」だが、前述のベネッセのケースでは500円の金券が渡されたようだ。過去の漏えい事例を見てみると、500円というケースが結構多く、「相場」のようになっているようだ。これらは企業が自主的に提供しているものが大半で、損害賠償請求の訴訟が起こされて決着するというケースは極めて少ないようである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』