サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > “ナマ”に身悶える!芸能人BLの魅力【2】/【福山雅治】もハマったBL妄想
第1特集
“ナマ”に身悶える!芸能人BLの魅力【1】

ナマモノ歴10年の腐女子がその深奥な魅力を訴える――菅田将暉には抱かれるべし!福山のBL妄想を一刀両断

+お気に入りに追加

こちらの記事では「ナマモノ」のタブー性について触れてきたが、ではこれを愛好する人々は、なぜ二次元ではなく実在する人物を使ったBL作品に惹かれるのか? 腐女子の心理に迫りつつ、福山雅治がラジオで行ったBL妄想についても解説する。

1709_BL_column_kazokuninarouyo_230.jpg
「家族になろうよ」もいいけど、ましゃの良い声で禁断の不倫BLドラマCD作って!

 今夏、開催されたコミックマーケットの参加サークル数は3万を超えるというから、そこで取り扱われた同人誌の数はさらに多いだろう。しかし、カタログを見ると、ナマモノ・半ナマを扱った同人誌を出しているサークルの割合はだいたい全体の3~4%以下程度。やはり二次元を扱うものよりも圧倒的に数は少ない。そんなニッチな世界にハマってしまうオタクの心理とはいかなるものか。ナマモノ二次創作を一筋に愛して10年という腐女子はこう語る。

「ナマモノの魅力は、やっぱり肉体という実体があることですね。私たちの妄想はフィクションですが、実体は存在する。だから、妄想にもリアリティを持たせることができるわけです。それから、二次元は原作者の作為でしかキャラクターが動かないけど、ナマモノは例えばグループ脱退とか、活動休止とか、結婚とか、予期せぬアクシデントが無作為に起こるじゃないですか。それがBLの物語を創造する上で良いスパイスになります」

 二次元という他人の作為ではなく、実在の人物が持つドキュメンタリー性=無作為の部分にオタクの作為を介入させることがカタルシスなのだという。ところで、本文中でも触れたが、福山雅治氏がラジオで行ったBL妄想についてはどう思ったか。前出のナマモノ腐女子の意見を聞いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』