>   >   > “ナマ”に身悶える!芸能人BLの魅力【2】/【福山雅治】もハマったBL妄想
第1特集
“ナマ”に身悶える!芸能人BLの魅力【1】

ナマモノ歴10年の腐女子がその深奥な魅力を訴える――菅田将暉には抱かれるべし!福山のBL妄想を一刀両断

+お気に入りに追加

こちらの記事では「ナマモノ」のタブー性について触れてきたが、ではこれを愛好する人々は、なぜ二次元ではなく実在する人物を使ったBL作品に惹かれるのか? 腐女子の心理に迫りつつ、福山雅治がラジオで行ったBL妄想についても解説する。

1709_BL_column_kazokuninarouyo_230.jpg
「家族になろうよ」もいいけど、ましゃの良い声で禁断の不倫BLドラマCD作って!

 今夏、開催されたコミックマーケットの参加サークル数は3万を超えるというから、そこで取り扱われた同人誌の数はさらに多いだろう。しかし、カタログを見ると、ナマモノ・半ナマを扱った同人誌を出しているサークルの割合はだいたい全体の3~4%以下程度。やはり二次元を扱うものよりも圧倒的に数は少ない。そんなニッチな世界にハマってしまうオタクの心理とはいかなるものか。ナマモノ二次創作を一筋に愛して10年という腐女子はこう語る。

「ナマモノの魅力は、やっぱり肉体という実体があることですね。私たちの妄想はフィクションですが、実体は存在する。だから、妄想にもリアリティを持たせることができるわけです。それから、二次元は原作者の作為でしかキャラクターが動かないけど、ナマモノは例えばグループ脱退とか、活動休止とか、結婚とか、予期せぬアクシデントが無作為に起こるじゃないですか。それがBLの物語を創造する上で良いスパイスになります」

 二次元という他人の作為ではなく、実在の人物が持つドキュメンタリー性=無作為の部分にオタクの作為を介入させることがカタルシスなのだという。ところで、本文中でも触れたが、福山雅治氏がラジオで行ったBL妄想についてはどう思ったか。前出のナマモノ腐女子の意見を聞いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』