>   > 【金子大輝】危険な格闘家は瞳がキュート
インタビュー
地球上でもっとも危険な格闘技に挑む男

【金子 大輝】頭突き、肘打ち、素手での殴り合い! 最凶の格闘技に挑む、つぶらな瞳の男

+お気に入りに追加

――“地球上でもっとも危険な格闘技”と言われている、ミャンマーの伝統的な格闘技「ラウェイ」に挑む日本人選手は、トレーニング方法も狂っていた。

1709_DSD4545_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「毎週、埼玉のとあるビルの倉庫の中で、現役の不良さんや元暴走族の方に殴ってもらうんです」

 まるで映画『ファイトクラブ』のようなトレーニングを実践するこの男は、“地球上でもっとも危険な格闘技”とも称されている「ラウェイ」の選手、金子大輝。ミャンマーの国技であるラウェイは、グローブではなくバンデージを巻いた素手での殴り合い。頭突き、肘打ち、故意でなければ金的攻撃も認められ、気絶しても目が覚めれば試合は続行されるという血の気が引くほどの過激さを持つ。タイのムエタイなどと比べると日本での知名度は低いが、ミャンマーでは後楽園ホールより少し小さめの会場が観衆であふれ返るほどの人気競技である。

 そんなラウェイの舞台において、外国人選手でありながら、ミャンマーで絶大な支持を受けているのが金子だ。もともと、体操選手だったが、マンガ『グラップラー刃牙』(秋田書店)に出会ったことで、闘争本能が目覚めてしまったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

映画のミカタ

映画のミカタ

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考
    • 【彩川ひなの】ハレンチボディを毛布で包む

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ
    • 【真木しおり】爆乳JKのお戯れ

インタビュー

連載

    • 【橋本マナミ】いつかさらわれたいんです。
    • プレ東京五輪で優勝した期待の自転車選手
    • 【小島瑠璃子】好きになってもいいですか?
    • 高度に発達した【広告技術】の真実
    • 里美ゆりあ、さかもと未明、小池百合子の共通点は?
    • 【BOSS THE MC】20年間〈トーク〉をやめなかった男
    • 【アニソン音頭】が列島を制覇する
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【クライヴ・デイヴィス】黄金の耳を持つ名物社長
    • 【山尾志桜里】当選に見る政治史
    • 脳を破壊する【ロボトミー】ノーベル賞の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『女神の見えざる手』
    • 国民はなぜ「現状維持」を選んだ――【衆議院選】の総括
    • 小原真史の「写真時評」
    • サザエのアンチエイジング
    • ジャングルポケット/毎分1万5000回転!ハードすぎるローターがスゴイ!
    • 【半沢直樹】夫婦間呼称問題、セレブ妻が見せた女性側の内紛
    • エロいラップをする女性ヒップホップグループ
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化の墓泥棒が集う映画館で。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』