サイゾーpremium  > インタビュー  > 【金子大輝】危険な格闘家は瞳がキュート
インタビュー
地球上でもっとも危険な格闘技に挑む男

【金子 大輝】頭突き、肘打ち、素手での殴り合い! 最凶の格闘技に挑む、つぶらな瞳の男

+お気に入りに追加

――“地球上でもっとも危険な格闘技”と言われている、ミャンマーの伝統的な格闘技「ラウェイ」に挑む日本人選手は、トレーニング方法も狂っていた。

1709_DSD4545_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「毎週、埼玉のとあるビルの倉庫の中で、現役の不良さんや元暴走族の方に殴ってもらうんです」

 まるで映画『ファイトクラブ』のようなトレーニングを実践するこの男は、“地球上でもっとも危険な格闘技”とも称されている「ラウェイ」の選手、金子大輝。ミャンマーの国技であるラウェイは、グローブではなくバンデージを巻いた素手での殴り合い。頭突き、肘打ち、故意でなければ金的攻撃も認められ、気絶しても目が覚めれば試合は続行されるという血の気が引くほどの過激さを持つ。タイのムエタイなどと比べると日本での知名度は低いが、ミャンマーでは後楽園ホールより少し小さめの会場が観衆であふれ返るほどの人気競技である。

 そんなラウェイの舞台において、外国人選手でありながら、ミャンマーで絶大な支持を受けているのが金子だ。もともと、体操選手だったが、マンガ『グラップラー刃牙』(秋田書店)に出会ったことで、闘争本能が目覚めてしまったという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』