>   >   >  更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【27】/幽霊、ポルノしか誇れない国粋主義。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【27】

オタクたちの被害者意識はいつまで続く…幽霊、ポルノしか誇れない国粋主義。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1708_sarashina_200.jpg
本文の話題で参考になりそうな本がまったくない。本当にろくな本がないので、読書中の本でも挙げとく。

 都議選の結果に呆れつつも、今回の特集は「日本のエロ」なのだが、筆者がエロ本の編集者だった20年前から考えると、ずいぶんとポルノグラフィも変わったな、と思う。その時代にかかわっていたマニアックでフェティッシュなポルノグラフィが、街やウェブを彷徨っていても、否応なしに視界へ入ってくるからだ。セックスを直接描くハードコアではなく、それはむしろ隠蔽されているソフトコアなのだが、「性的興奮を与えることを目的とした性的行為の描写」がポルノグラフィならば、街やウェブに溢れている「描写」は間違いなくポルノだ。表向きは「違う」ことになっているが。

 日本のポルノメディアの特殊性は、文化的抑圧から生まれた窃視的なフェティシズムにある。射精やエクスタシーではなく、欲情すること自体が目的化しているため、セックスを直接描く必要がなく、むしろ、迂遠でフェティッシュな描写の創意工夫を競っている。おそらく、今回の特集では創意工夫されたサブカルチャー系のポルノが主に扱われているのだろうが、現実には「萌え」と呼ばれる、いわゆる「少年マンガ誌のポルノ」が発展した一方で、昭和の時代には「艶笑」などと言われていた文芸的で諧謔的な「青年マンガ誌のポルノ」は退潮してしまった。後者で今も残っているのはアダルトビデオだろうが、ピンク映画やロマンポルノの時代と比べると、フェティッシュな細分化=ユーザーのニーズに合わせた最適化が進んでいる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』