>   >   > アイドル“接触ビジネス”その最前線を探る【3】/握手がエロい【アイドル】選抜
第1特集
アイドル“接触ビジネス”その最前線を探る【3】

あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017

+お気に入りに追加

――本誌編集部が取材をした多数のアイドルファンの声をもとに、いまもっともエロい握手をするアイドルを選出!

あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017の画像1

■ガチ恋を誘引する包み込みスタイル
【1】小栗有以
15歳/AKB48 チーム8
「2万年にひとりの美少女」と呼ばれている、チーム8の筆頭エースで、握手会対応は48系グループ随一とも。両手でファンの手をしっかりと包み込む握手スタイルで、わずか15歳にして、すさまじい親密感を一瞬にして醸し出す超絶スキルの持ち主。顔の距離を40~50センチくらいにまで近づけてくれるため、女性への免疫に乏しい童貞マインドにあふれるファンならば、ほぼ一発で勘違いをしてしまう。要は、「私はあなたを好意的に見てるんだよ」とファンに思わせるわけだ。身体的なエロさがあるわけではないものの、手足が極めて細いため、「守ってあげたくなる」感も強く感じさせるのだという。


あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017の画像2

■ズッキュンポーズと恋人トーク
【2】秋元真夏
23歳/乃木坂46
水着のソロ写真集も出している、乃木坂46の人気メンバー。握手会にはオフショルダーの私服で臨むことが恒例となっている。さらに下半身はミニスカートと肌の露出度が高く、露骨なエロさが特徴。手をピストルの形にして構える「ズッキュン」ポーズが定番で、初期は実際に「ズッキュン」と同時に指でファンの体を突いてくれたという。いまでも、リクエストすれば体の近くで突くフリはしてくれる。握手の際は「私も大好きだよ」「私に会いに来たんでしょ?」と、恋人前提の語り口で会話してくれる。ファンの両手を両手で包み込むような握手も得意技。恋人気分を味わえるのがたまらない。“天性の釣り師”といえるだろう。


あなたも触れれば即座に勃起しちゃう!?握手がエロすぎるアイドル2017の画像3

■「見えてましたよ!」で認知を演出
【3】宮崎由加
23歳/Juice=Juice
Juice=Juiceのリーダー、通称“ゆかにゃ”。ハロプロは基本的に、握手会時の衣装はステージ衣装のまま。握手はファンの手を両手で包み込むスタンダードなタイプながら、キュートなタレ目で上目遣いをしつつ、顔をぐっと近づけてくるのが特徴。「あざといまでにかわいい」ので、「あざかわ」と呼ばれている。ハロプロのアイドルは48系などと違って、「認知」(アイドルがファンの名前と顔を覚えていること。握手の際にアイドルの側から名前を呼ぶ)は基本的にナシなのだが、代わりに彼女は「ライブのときに会場の〇〇のあたりにいましたよね?」「目が合いましたよね?」とのレスをくれる。そうした健気な姿勢に惚れるオタが続出中だ。



ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』